ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneカメラ「明るさ調整」はタップした指の上下

iPhoneカメラの基本となる「写真」モードには、ピント・明るさ調整、ズーム、セルフタイマーなど9つの機能が用意されています。内蔵の画像エンジンが優秀なため、特にイジらずともそれなりに撮れますが、露出や各種フィルターを活用すれば、より魅力的な写真に仕上がるはず。iPhoneカメラの機能を詳しく見ていきましょう。iPhoneカメラ「明るさ調整」はタップした指の上下で可能です。


iPhoneカメラはタップした指の上下で明るさ調整

iPhoneカメラの明るさ調整は指の上下

iPhoneカメラの「ピント・明るさ調整」は、タップした部分にピントを合わせる機能です。さらに、画面をタップしたまま上下にスワイプするとiPhoneカメラの明るさも調整できます。

iPhoneカメラの「ズーム」は、画面のピンチイン・アウトでズームする機能。端末によって最大ズーム率が異なります。iPhoneカメラの「縦横比」は標準が4:3ですが、1:1や16:9に変更できます。

iPhoneカメラの「フォトグラフスタイル」は自然なエフェクトをかけられる機能。「トーン」や「暖かみ」など4モードから選択できます。iPhoneカメラの「Live Photos」は撮影の前後1.5秒を録画し、動く写真を撮れる機能です。

iPhoneカメラの「フラッシュ撮影」は、暗い場所や逆光での撮影に役立つ機能。左上のアイコンからオン/オフを選べます。iPhoneカメラの「露出」は、自分好みに任意で明るくしたり暗くできる機能。-2.0~+2.0の間で設定可能です。

iPhoneカメラが明るく調整して撮影

iPhoneカメラの「セルフタイマー」は集合写真や自撮りで重宝する機能。3秒か10秒を選べて、音量+でも撮れます。iPhoneカメラの「フィルター」は、フォトグラフスタイルよりも大きな加工が可能。ガラリと雰囲気を変えられます。

このほか、iPhone11シリーズ以降に搭載された「ナイトモード」もあります。暗い所では、光の量に合わせて露光時間を調整して明るく撮影。複数の写真を合成しノイズ処理などを施した上で、1枚の写真として仕上げるというものです。

実際、iPhone12 Proを使って室内の照明を消して、わずかに室外の光が漏れ入る状況で撮影してみました。オフでは全体のシルエットが分かる程度でしたが、オンでは細部の形状と色味をほぼ完璧に再現しています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事