ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

型落ちiPhoneを赤外線カメラに改造してみた結果

最近ネットオークションやフリマサイトで、赤外線仕様に改造されたスマホが販売されています。これまで、コンデジやアクションカムを赤外線カメラに改造してきましたが、理論上、やることは同じ。赤外線カットフィルターが入っていれば除去し、赤外線だけを通すIRフィルターをセンサー前に設置すればOKのはずです。


型落ちiPhoneを赤外線カメラに改造してみた結果

iPhoneの赤外線カメラ改造で破損した

さっそく、2014年発売のiPhone6で赤外線カメラ改造にトライしてみました。用意するIRフィルターは、富士フイルムのIR72~76辺りのものを使用。可視光線を吸収し赤外線だけを透過します。

ディスプレイを外し、背面のメインカメラユニットを分解してみたところ…。センサーまではバラせるものの、光学式手ブレ補正機能が破損し、元に戻すことはできませんでした。小さい上に複雑化したiPhoneカメラの改造は現実的ではないといえるでしょう。

と、ここで諦めてしまうと、ただの失敗報告なので、自撮り用のインカメラで再チャレンジです。テレビリモコンをインカメラで見てみると、赤外線LEDの投射を確認できました。

iPhone赤外線カメラ改造は戻して完成

つまり、iPhoneのインカメラには赤外線吸収フィルターが内蔵されていないということです。さらにメインカメラと違って、手ブレ補正などの機能は無いので、構造がシンプル。こちらならイケそうです。

パネル上部のプラスネジを除去し、スピーカーユニットを外すと、カメラ部分にアクセスできます。カメラユニットを取り外したら、フロントパネルとの間に、丸くカットしたIRフィルターをセットします。

あとは元に戻せばiPhoneの赤外線カメラ改造は完成です。インカメラなので、セルフタイマーを使って赤外線カメラ撮影することになります。簡単な改造ですが、試す場合は当然ながら自己責任でお願いします。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事