ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone標準カメラで写真プリントする時の設定

かつてiPhoneのカメラ機能はハード・ソフト共に貧弱で、それをカバーするためにサードパーティ製のアプリが重宝されました。しかし、iPhone標準カメラアプリは、端末に合わせてバージョンアップするiOSとともに進化し、非常に優秀なレベル。特殊な事情がない限り、iPhoneでは標準カメラを活用しないのはモッタイナイ話です。


iPhone標準カメラで写真プリントする時の設定

iPhoneカメラは設定アプリで保存形式

iPhoneはハードの進化とともに、標準カメラアプリの機能も大幅に向上しています。このため、無音で撮りたいとか、リアルタイムでデコりたいといった特別な事情が無い限り、iPhoneは標準カメラアプリを活用するのがベストです。

起動してシャッターボタンを押せばすぐに撮れるのが魅力ですが、さまざまな機能を内包しており、使いこなせていないユーザーも多いはず。この機会に改めて再確認しておきましょう。

iPhoneの標準カメラは「設定」アプリでカメラを選び、解像度など各種設定を行います。フォーマットでは保存形式を選択。解像度は同じですがファイルサイズが異なります。

iPhoneカメラのフォーマットの設定

iPhone標準カメラのフォーマットは「高効率」「互換性優先」から選択可能。このうち高効率は次世代コーデックであるHEIF形式で写真が保存されます。対応ソフトやサービスが少ない一方で、ファイルサイズを小さくできるのが特徴。なお、動画の方はHEIF形式となります。

互換性優先は、一般的なJPEG形式で保存されます。HEIF形式よりファイルサイズが大きくなりますが、汎用性が高いのが特徴。写真プリントするなら「互換性優先」にしておきましょう。

iPhone標準カメラのビデオ撮影は、720p~4Kまで選択可能。高解像度・高フレームレートほど、当然キレイで滑らかですが、容量が大きくなります。「1080pHD/60fps」あたりが、バランスが良くて使いやすいでしょう。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事