ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ

ワンセグ付きスマホが市場から消えた衝撃の理由

数年前まで、電車の車内でアンテナを伸ばし、スマホでワンセグのテレビを視聴する人をちらほら見かけたはず。ところが、いまや電車内でスマホを使いワンセグを視聴する人はほとんどいません。これは、スマホ[…続きを読む]

交通違反にならない「ながらスマホ」の範囲は?

最近は減少傾向にある「ながらスマホ」の取り締まりですが、それでも全国で年間30万人を超える人が取り締まりで違反キップを切られいます。しかし、「携帯電話等使用違反」に分類される「ながらスマホ」は[…続きを読む]

端子に挿せばスマホが赤外線カメラになるツール

「赤外線カメラ」といえば、さまざまな特殊撮影に使える一方で、デジカメやスマホのカメラで撮影するためには、本体の大がかりな改造が必要でした。ところが、最近ではスマホの外部端子に接続するだけで赤外[…続きを読む]

360度回転「自動追尾スマホスタンド」の実用度

YouTube用など、スマホでセルフ動画を撮影する際、動きをつけると画面から見切れてしまい、撮り直し…なんてことはよくあります。また、予測不能なペットの撮影は特に困難でしょう。そこで活用したい[…続きを読む]

コンテンツ充実でビギナーに最適なスマホ証券?

「日興フロッギー」は、SMBC日興証券によるスマホ証券。基本的には同社の口座開設者に対するサービスの一つという位置づけです。100円から金額指定で国内株式・ETF・REITなど、約3,700銘[…続きを読む]

何回取引しても手数料が無料のスマホ証券とは?

株式投資で口座数を伸ばしているのが「スマホ証券」です。そんなスマホ証券で注目すべきサービスが「STREAM」です。取り扱いは現物取引と信用取引のみとサービスを厳選。現物取引は何度取引しても手数[…続きを読む]



口座数が急増「スマホ証券」のデメリットとは?

株式投資というと、昔ながらの総合証券やオンライン取引に特化したネット証券を思い浮かべがちですが、ここ数年は口座管理から売買まで、すべての作業がスマホで完結する「スマホ証券」の勢いが増しています[…続きを読む]

小遣い稼ぎの新潮流「スマホ証券」何がすごい?

「株式投資=PCでの取引」は、ひと昔前のハナシ。今や口座開設から入金~取引まで、一連の流れをスマホで完結できるのです。いわゆるネット証券の一歩先を行く「スマホ証券」の特徴をまとめてみました。ロ[…続きを読む]

スマホのナイショの写真を標準アプリで隠す方法

スマホの写真フォルダにプライベートなコレクションだったり、あらぬ誤解を生みかねない写真の1枚や2枚、誰しも持っているハズ。とはいえ、いつどこで誰にスマホの中を見られるかわかりません。余計なトラ[…続きを読む]

スマホ型の擬装カメラのレンズが上部にある理由

現代人の必需品として紛れるスマホ型の擬装カメラは、携帯電話時代も含めれば10年以上の歴史になります。擬装カメラメーカーのトップランナーであるサンメカトロニクスの最新スマホ型カメラを見ていきまし[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]