ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

免許

交通違反の点数や前歴を一発でクリアにする方法

日本の運転免許の仕組みは、独特な点数制度のために交通違反や交通事故を繰り返すドライバーほど、簡単に免許停止や免許取消になってしまいます。これは、免許停止を繰り返した「前歴」が貯まると処分条件が[…続きを読む]

駐車違反をしてもゴールド免許のままでいる方法

2006年6月の駐車監視員制度の導入から、駐車違反の取り締まり方法が大きく変わりました。駐車違反をしたドライバーを出頭させるのではなく、違反車両のナンバーから判明した車両の持ち主に放置違反金と[…続きを読む]

自分が運転しなくても「免許取消」になるケース

運転免許の免許停止や免許取消は、過去の交通違反で溜まった点数を基準に行われることがほとんどです。しかし、じつは点数とは無関係に免許停止などの処分が行われることもあります。それは、他人が悪質な交[…続きを読む]

運転免許の点数が「減点される」は大いなる誤解

運転免許は持ち点制で、交通違反や交通事故で「減点される」と思っている人が多いはず。しかし、実際には運転免許に持ち点のような点数は存在せず、減点されることもありません。単純に違反や事故の度合に応[…続きを読む]

運転免許の点数「減点」ではなく「加点」が正解

よく交通違反をすると「免許が減点される」といいますが、これは大きな誤解。実際は免許に持ち点があるわけではなく、もともと0点だったところに交通違反の種類によって点数が付加される仕組みです。免許に[…続きを読む]

知らないと後で大損する「免許取消」避ける方法

ドライバーにとって「免停」以上に避けたいのが「免許取消」でしょう。免許取消は免許自体がなくなってしまうため、再び運転するためには再度、運転免許試験を受けなくてはならず、時間もコストもかかります[…続きを読む]



運転免許に書かれた「中型車に限る」の意味は?

運転免許には「眼鏡等」「普通車はAT車に限る」などといった注記付きになっていることがよくあります。以前はメガネが必要な人やAT限定免許の人などに限られた注記でしたが、最近普通免許を更新した場合[…続きを読む]

新元号を前に運転免許の西暦併記がスタートした

2019年5月1日から、いよいよ新元号がスタートします。そこで気になるのが、今の運転免許証に書かれた「平成31年6月1日まで有効」など、おそらく今後現れることがない年月日です。はたしてこのまま[…続きを読む]

運転免許証ICチップの個人情報を読み取る方法

身分証明として最も信頼性が高いのが運転免許証。携帯電話の契約をはじめ、金融機関や公的機関でも必ず提示を求められ、免許証番号を確認されます。そんな運転免許証にはICチップが埋め込まれていて、そこ[…続きを読む]

免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い

交通違反をすると違反点数が付きます。免許を取得すると、もともと0点だったところに交通違反の種類によって点数が付加されるのです。よく交通違反の点数は「減点される」と表現されますが、それは間違い。[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]