ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自動車

最新版「自動車盗難」もっとも狙われる車種は?

自動車の盗難は、年々件数が減っているとはいえ2019年も7千台以上が被害に遭っています。窃盗犯はやみくもにクルマを盗むわけではなく、特定のモデルに被害が集中。さらに、自動車盗難が起きやすい都道[…続きを読む]

弁護士がおすすめする自動車保険「3つの特約」

多様なタイプのオプションが付けられる「自動車保険」。自動車保険を選択する際、付けておきたいオプションが「弁護士費用特約」「対物超過特約」の補償金額が無制限になっているもの、「人身傷害補償特約」[…続きを読む]

パーツ水増し請求が横行「自動車保険詐欺」手口

自動車事故は身近なので保険金詐欺の中でも多く、年間被害額は約3億1400万円(2017年「平成30年版警察白書」)。いわゆる「自動車保険詐欺」は修理費を見積もる自動車整備業者と結託し、修理費を[…続きを読む]

自動車盗難ランキング1位「レクサス」で2位は?

自動車の盗難被害は2003年をピークに減少傾向ですが、2108年でも8千件以上の自動車盗難が発生しています。そして、自動車盗難でよく狙われる車種が「プリウス」。これまで4年連続でワースト1位の[…続きを読む]

自動車事故で一番リスクの高い座席はどこだ?

自動車で最も安全な座席は運転席の後ろという話を聞いたことがあるはず。実際、自動車事故で最も生存率が高いのはその座席です。日本の道路で起こりやすい右折時の自動車事故では、犠牲になりやすいのは左側[…続きを読む]

自動車の盗難でレンタカーが狙われる手口とは?

車が盗難されるニュースが時々テレビで報道されますが、いま最も自動車盗難で狙われやすい車ワースト3は、1位がレクサスで2位がプリウス、3位がランドクルーザーです。それでは、車が盗難されやすい場所[…続きを読む]



自動車盗難に遭いやすい都道府県トップに異変?

自動車のドライバーにとって、マイカーごと盗まれてしまうのは大変なこと。とはいえ、そうした「自動車泥棒」は全国各地で犯罪を繰り返しています。この春、警察庁が発表した資料から、そうした自動車盗難が[…続きを読む]

自動車事故で最も生存率が高いのは運転席の後ろです。まず日本の道路で起こりやすい右折時の自動車事故では、犠牲になりやすいのは左側席。加えて、後方中側の席は、自動車事故の衝撃でフロントガラスを突き[…続きを読む]

日本で自動車盗難に遭いやすいクルマ第1位は?

自動車の盗難被害は2003年をピークに減少傾向ではありますが、2107年でも1万件以上の自動車盗難が発生しています。そして、自動車盗難で狙われる車種ワースト1が、これまで4年連続1位だったプリ[…続きを読む]

駐車違反取締りが苦手な警官が増えている理由

自動車警ら隊は、各都道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールする部署。「自ら隊」とも呼ばれています。「交機」と呼ばれる交通機動隊が主に交通違反を取り締まるのに対して、自動警ら隊は街中[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]