ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニのPBカップ麺No.1はローソンの担々麺

コンビニのカップ麺コーナーで目立つのが、各チェーンが独自に展開するプライベートブランド(PB)商品の数々。種類も豊富な上に、何より手に取りやすい価格が魅力でしょう。そこで今回は16種類のコンビニPBカップ麺を食べ比べ。麺・スープ・具を各10点満点で評価してナンバーワンを決めました。


スポンサーリンク
コンビニのPBカップ麺No.1はローソンの担々麺

コンビニPBカップ麺なら担々麺

栄えあるコンビニのPBカップ麺No.1に輝いたのが、ローソンの「担々麺」。製造は日清食品で、価格は138円です。一般的なカップ麺の担々麺に比べて、しっかりとした辛さがあり本格的な味わいでした。

肉やチンゲン菜といった具材の量も多く、それぞれの味を感じられたのもポイント。130円台という価格とは思えないぜいたくな1杯です。麺が9点、スープが10点、具が9点の合計28点でした。

コンビニのPBカップ麺No.2は、ファミリーマートの「魚介の旨みちゃぽん」。製造は東洋水産で、価格は142円です。「ちゃんぽん」というより「シーフードヌードル」に近い味でした。

満足度が高いコンビニPBカップ麺

とはいえ、商品名通り“魚介の旨み”がしっかりと出ていて食べ応えがあります。具材も多く、スープと麺の相性も抜群。満足度の高い商品といえるでしょう。麺が8点、スープが10点、具が8点の合計26点でした。

コンビニのPBカップ麺No.3は、ファミリーマートの「合わせ胡麻旨辛担々麺」。製造は日清食品で、価格は142円です。しっかりとしたゴマの風味を感じられる、クオリティの高い1杯といえます。

パンチのある辛さで、スープとゴマが麺によく絡むのもポイント。肉や野菜など具材の量が多い点も高評価です。担々麺としての完成度が非常に高い一品。麺が7点、スープが9点、具が9点の合計25点でした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事