ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アオシマの人気プラモデル「働くクルマ」の世界

1976年、映画『トラック野郎』の人気とともに、アオシマではいち早く「デコトラ」を商標登録。今やロングセラーとなった「デコトラシリーズ」から、アオシマを代表する人気プラモデルシリーズ「働くクルマ」の歴史は始まりました。アオシマの人気プラモデル「働くクルマ」を見ていきましょう。


スポンサーリンク
アオシマの人気プラモデル「働くクルマ」の世界

装飾パーツを作り込んだプラモデル

2017年8月発売の1/32バリューデコトラエクストラ「ミスターX~人生一度きりスペシャル~」は、実在するオーナー車をプラモデル化。縮尺などは、実車に忠実にスケールダウンして作られています。価格は7,344円です。

デコトラ界では有名な「ミスターX」の装飾パーツ1つ1つが、見事に作り込まれているプラモデル。車体のペイントも細部まで忠実に再現しています。現在は、リアリティが求められているためです。

2016年3月発売の1/72ワーキングビークル「はしご付消防車 大津市消防局東はしご1」は、マニアから滋賀県大津市の30m級はしご車の情報を聞き、製作に至ったといいます。はしごの伸縮ギミックがポイントです。

サンバー消防車もプラモデル化した

ベースは、自衛隊が所有するトラックのプラモデル。同じキャビンでも用途の違いでイメージが変わります。車体部分は全長14.5cmで、はしご部分は40cm以上。はしごは3段階に角度を変えられます。リアルな動きを再現しました。価格は2,808円です。

2014年5月発売の1/24ザ・ベストカーGT「’12サンバートラック郵便車」の価格は2,808円。「農道のポルシェ」と呼ばれ、農家に愛用されている軽トラのスバル・サンバーのプラモデルをベースに、バリエーションの1つとして製作されました。

さらには、スバル大泉工場で実在する「サンバー消防車」バージョンもプラモデル化。2017年7月に発売されました。

1982年発売のプラモデル「焼きいもキャリイ」などのキャリアカーシリーズは1980年に始まり、石焼きいもカーのほかに「おにぎり屋」なども発売。現在は、「移動販売」シリーズとして受け継がれています。「ラーメン屋」「静岡おでん」など、2013年から10種類がラインアップ。価格は1,944円~となっています。

■「アオシマのプラモデル」おすすめ記事
アオシマの独特すぎるプラモデル作りの歴史とは
アオシマ「パトカー」プラモデルのこだわりは?
バニラ宣伝カーやマグロ漁船のプラモデルがある

■「プラモデル」おすすめ記事
プラモデル製作代行サービスでお金を稼ぐ人たち
プラモデルの塗装に使われる食器乾燥機YD-180
ホビーオフのプラモデルを安く仕入れて高く売る

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事