ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

MDは光デジタル音声端子でバックアップする

MDを劣化なく忠実に取り込む方法といえば、ソニーの「MZRH1」の利用が鉄板。USB接続によりMDの中身をそのままデジタルで抜けるというスグレモノです。しかし、既に生産終了となっており、現在ではプレミア価格で入手は困難。となると次に考えられるのは、光デジタル音声端子(S/PDIF)での録音となります。


MDは光デジタル音声端子でバックアップする

MDを高クオリティでバックアップ

S/PDIFはデジタルなので音声の劣化がありません。何よりノイズが入らない状態でデータを転送できるのが魅力。つまり、MDをS/PDIFで録音すれば、高クオリティでバックアップできるというわけです。

S/PDIF録音をするために、今回は「USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2」を使用しました。入力端子が豊富で、S/PDIF端子も備えており、PCと接続可能。キャプチャソフト「Smart Recorder」も付属しています。

あとはMDプレーヤーとSound BlasterをS/PDIFで接続して録音するだけ…と思ったら、そこには大きな壁がありました。SCMS(Serial Copy Management System)というプロテクトがかかっており、第1世代以降はS/PDIFでの録音が禁止されているのです。

MDをS/PDIFでバックアップする

要はCDからMDに録音した音楽は、S/PDIFでダビングできないというわけ。なので、S/PDIFで録音できるMDは、昔エアチェックしたラジオ番組や鉄道走行音など、自分で生録した音源に限られます。

MDをS/PDIFでバックアップする方法は、MDレコーダーの光出力端子とSound Blasterの光入力端子を光ケーブルで接続。Sound BlasterとPCをUSBケーブルでつなげたら準備完了です。

Smart Recorderの設定で入力を「SPDIF入力」に変更。一旦、MDを再生して「解析」ボタン押して最適な録音レベルに調整します。あとは「REC」ボタンをプッシュ。曲や番組が終わるまで録音を続ければWAVE形式で保存されます。

Sound Blasterのサイズ/重さは約139W×99H×25Dmm/約208g、入力は光デジタル入力端子/RCA入力端子/マイク、出力は光デジタル出力端子/RCA出力端子/ヘッドホンです。サンプリングは24bit/96kHz(入力・出力)となっています。実勢価格は8,760円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事