ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーレイのコピーで違法と合法の境界線とは?

ブルーレイを買ったら即リッピングして、コピーして大事に保存…という行為は今やアウト。とはいえ、すべてのブルーレイのコピーが違法というわけではではありません。合法と違法のラインを見極めて、安全にブルーレイをコピーしましょう。ブルーレイ・DVDのコピーで違法と合法の境界線を見ていきます。


ブルーレイのコピーで違法と合法の境界線とは?

自作のブルーレイ・DVDコピーは合法

2012年に著作権法が改正され、コピーコントロール(保護技術)に加えて、アクセスコントール(暗号技術)も規制対象となりました。アクセスコントールの「CSS」が施されている市販DVDも、これによって複製がNGになったのです。

今や私的バックアップといえど、市販のブルーレイ・DVDやレンタルのブルーレイ・DVDのコピープロテクトを回避してバックアップすることは違法なのです。

それでは、すべてダメかといえばそうとは限りません。コピープロテクトが施されていない廉価版DVDや自分で撮影・編集した自作のオリジナルブルーレイ・DVDであればOK。うっかり違法コピーしてしまわないよう見極めながら、安全にバックアップする必要があるのです。

ブルーレイのコピーソフトの定番

ブルーレイ・DVDのコピーソフトといえば「DVDFab 10」が定番。リッピング用やディスク作成用などさまざまなツールを内包した、総合ソフトという位置づけです。体験版として30日間は無料ですべての機能をひと通り利用できます。

ただし、DVDFab 10は標準ではプロテクト除去機能が有効なので要注意。意図せず違法コピーすることを回避するために、この機能をオフにしておきたいところです。共通設定から、Blu-rayタブの「Blu-ray保護」の項目を選択してすべてのチェックを外しておきます。

なお、試用期限が切れると機能が大幅に制限されますが、この状態でもライティングソフトの定番「ImagBurn」と連携させることで、ISOイメージでの出力が可能になるなどまだまだ利用価値はあるでしょう。

■「ブルーレイDVD」おすすめ記事
ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本
ブルーレイをDVD化してコピーする方法とは?
ブルーレイをBD-Rに丸ごとコピーする方法とは
リッピングソフトの違法・合法のボーダーライン
DVD Flickの使い方をマスターして動画をDVD化
定番リッピングツール「DVDFab10」が進化した

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事