ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法の境界線とは

2012年の著作権法改正以来、ややダークなイメージが定着してしまったブルーレイやDVDのコピー。しかし、すべてのコピーが禁止されているわけではありません。ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法の境界線を見極めて、大切な映像データを安全にバックアップしましょう。


ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法の境界線とは

DVDのコピーガードを解除すると違法

現在、法律で規制されているのはブルーレイ・DVDにかけられたコピーガードを解除してコピーする行為と、コピーガードを解除できるツールの配布です。

従って、コピーガードのかかっていないブルーレイ・DVDをコピーすることは合法。コピーガードの解除機能が無いリッピングツールを配布することも問題ありません。「コピーガードの解除」という部分が、重要なのです。

より詳しく見ていくと、著作権法で制限されているのは「コピーガード解除による複製」と「コピーガード解除ツールの配布」の2つの行為になります。

「コピーガードの解除」をしなければコピーは合法。コピーガードが施されていない自作ブルーレイやDVDはコピーしても問題ありません。一方、コピーガードがかかったブルーレイ・DVDをコピーするのは違法となるわけです。

DVDに施されているコピー防止技術

コピーガードが施されている主な映像コンテンツの例として、市販やレンタルのブルーレイ・DVDにはコピーガードがかかっています。また、レコーダーで録画したテレビ番組にも、コピーガードがかかっているのです。

具体的には、ブルーレイにはAACS、DVDにはCSSなどのコピー防止技術が施されています。パッケージの裏面に「複製不能」と記載されているので、ひと目で分かるでしょう。

レコーダーで録画したテレビ番組は、CPRMによって孫コピーが禁止。また「ダビング10」や「コピーワンス」としてコピー回数が制限されています。

さらに「コピーガード解除ツールの配布」も禁止されており、違反した人が検挙された例もあります。ただし、これは日本国内のサイトに関して適用されるのみ。海外のサイトでは、今もフツーに配布されているのが実情です。

このため、ブルーレイ・DVDコピーの定番リッピングツール「DVDFab」は、日本ではコピーガード解除機能を非搭載にして販売しています。(文/中谷 仁)

■「違法」おすすめ記事
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事