ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?

関東地区でPASMOやSuicaを使い路線バスに乗ると「210円の運賃のはずが110円なる」といった現象が時々おこります。「ひょっとして子供料金にカウントされた?」と思っている人もいるいかもしれませんが、実は「バス特」という名のれっきとした割引サービスなのです。バス特の活用法を見ていきましょう。


バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?

バス特は自動的に特典バスチケット

「バス利用特典サービス(バス特)」は、東京都と茨城・埼玉・千葉・神奈川(静岡東部の一部を含む)各県でPASMO利用可能なバス会社が共同で行っているポイントプログラム。月々の路線バス利用金額に応じて自動的に「バスポイント」が貯まっていくのが特徴です。

ポイント対象となるのは、PASMOまたはSuicaでバスを利用した際の運賃で、基本的には運賃と同額の「バスポイント」が貯まる仕組みになっています。バスポイントは全社共通のポイントとなっていて、複数のバス会社路線を利用した場合もすべて累積していく仕組みです。

貯まったバスポイントは、1000ポイントごとに自動的に「特典バスチケット」として還元が行われます。特典バスチケットの額は、月々のバス利用金額によって異なっていて、1000・2000ポイント時は100円、3000・4000ポイント時は160円、5000ポイント時が330円、6000~1万ポイント時が180円です。

バス特のポイントは月ごとリセット

バス特には会員登録などの手続きは不要。また、還元される特典バスチケットもPASMOやSuicaに自動記録され、次回以降のバス乗車時から優先的に使われていくため、とくに意識せずに利用されているサービスです。ただし、ポイントを効率よく貯めていくにはいくつかの注意点があります。

まず、バス特のバスポイントが貯まるのはPASMO・Suicaのみで、ICOKAやTOICAなどの交通系ICカードの利用については対象外です。そこで、関東地区で路線バスへ繰り返し乗る人は、PASMOかSuicaを用意した方がよいでしょう。

PASMO・Suicaを利用した場合でも、高速バスや羽田空港・成田空港への路線はバスポイント対象外となっています。さらに、栃木県・群馬県はバスポイント対象外。例えば、東武バスグループは栃木県の日光地区に路線を持ちPASMOが使えますが、バスポイントが貯まらないので要注意です。

さらに、バスポイントは月間利用金額に応じて還元される仕組みのため、月ごとにリセットされます。とくに、5000ポイント時点では330円分の特典バスチケットをゲットできるため、ポイントが近づいている際はバスを積極的に利用して手に入れたいところです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事