ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

のんびりホリデーSuicaパスと休日おでかけパスの差

首都圏で休日ちょっとしたお出かけをするときに、行き先によってはとてもお得になるのが、JR東日本の首都圏路線が1日乗り放題になるキップです。現在、この乗り放題キップは紙に印刷する「休日おでかけパス」とSuicaに登録する「のんびりホリデーSuicaパス」の2種類が発売中で、Suica版の方がわずかに割安。しかし、のんびりホリデーSuicaパスには紙のキップにはない利用制限があるのです。


休日乗り放題キップは紙とSuicaのどっちが得?

のんびりホリデーSuicaパスは50円安い

首都圏のJR東日本路線では、さまざまな名称で土日祝日に1日乗り放題となるキップが発売を続けています。現在は、紙で印刷された「休日おでかけパス」と、Suicaに登録するタイプの「のんびりホリデーSuicaパス」の2種類が利用可能です。

2種類の乗り放題キップの料金は、休日お出かけパスが大人2720円、のんびりホリデーSuicaパスが2670円で、のんびりホリデーSuicaパスの方が50円割安です。また、乗車券を通常購入した場合と比較した場合、1日の乗車キロ数が161キロを超えると乗り放題キップの方がお得になる計算です(山手線内だけ乗り続ける場合を除く)。

50円とはいえ、紙の切符よりのんびりホリデーSuicaパスの方が割安であれば、そちらを選びたくなるところ。また、最近はSuica専用の自動改札機も増えているため、使い勝手の点でものんびりホリデーSuicaパスの方が便利でしょう。しかし、のんびりホリデーSuicaパスには休日お出かけパスにはない利用制限があるのです。

のんびりホリデーSuicaパスと新幹線

のんびりホリデーSuicaパス、休日おでかけパスともに、JR東日本の在来線と東京モノレール・東京臨海高速鉄道線の乗り放題区間は同じ。ちなみに、JR在来線に関しては足利・自治医大・下館・土浦・成田空港・茂原・君津・扇町・大川・海芝浦・久里浜・小田原・羽沢横浜国大・大月・武蔵五日市・奥多摩・寄居・神保原の各駅より東京駅寄りが乗り放題区間です。

一方、新幹線に関しては休日お出かけパスは東京駅~小山・熊谷駅が新幹線特急券を別に用意すれば乗車できるのに対し、のんびりホリデーSuicaパスは乗り放題の対象外です。なお、東海道新幹線の東京駅~小田原駅はいずれも乗り放題エリアに含まれません。

さらに、のんびりホリデーSuicaパスには定期券が記載されているSuica、あるいは定期券がそもそも記載できないSuicaは利用できないという制限もあります。これは、Suicaの定期券情報部分にのんびりホリデーSuicaパスを登録する仕組みのためです。

このため、定期券情報を登録済みのSuicaだけでなく、過去さまざまなタイミングで発売された記念Suicaや外国人向けのWelcome SuicaものんびりホリデーSuicaパスは利用できません。また、りんかいSuica・モノレールSuicaものんびりホリデーSuicaパスには対応していないため注意が必要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事