ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オリジナルブルーレイをDVDにコピーする方法

たとえ個人的なバックアップのためでも、DVDやブルーレイなどの市販ソフトのコピープロテクトを回避したコピーは違法になります。とはいえ、コピープロテクトが施されていない廉価版DVDや自作したオリジナルブルーレイであれば問題ありません。オリジナルブルーレイをDVDにコピーする方法を見ていきましょう。


オリジナルブルーレイをDVDにコピーする方法

ブルーレイコピーはISOイメージ出力

ブルーレイのコピーソフトといえば、体験版として30日間は無料で利用できる「DVD Fab 11」が定番です。ただし、標準状態ではコピープロテクト除去機能が有効。違法コピーしないためにもこの機能をオフにして合法仕様にします。

右上のボタンから「共通設定」を開き、「Blu-ray」を選択。ここで「Blu-ray保護」内の全チェックを外すと、コピーガードの解除機能が無効となります。

ブルーレイコピーのセオリーは、オリジナルデータのまま無圧縮で保存すること。ファイルが1つで済むISOイメージで出力しておくと管理しやすいでしょう。

まず「DVD Fab」を起動して、コピー元のブルーレイをドライブにセットするとディスクを自動解析。途中でリージョンコードの確認画面が出たら、日本が含まれる「A」にチェック。解析終了後、保存先を指定します。

ブルーレイのISOイメージをDVD化する

ここで選ぶのは「ISOイメージ」です。「開始」を押すとリッピングがスタート。指定したフォルダに、ISOイメージができていることを確認します。出力したISOイメージは、外付けHDDにまとめておくと便利です。

ISOイメージは「VLC media player」といった無料のメディアプレーヤーを使えば、PCでそのまま見られます。また、HDMI接続のメディアプレーヤーを使えばテレビでも再生可能です。

ブルーレイのDVDコピーは、このISOイメージをDVD化することになります。DVD FabはブルーレイのDVD変換機能を備えているので、20GB程度のISOイメージをDVDの2層サイズまで圧縮することがことが可能です。

まずはコピーモードで「DVD変換」をクリックして、変換するブルーレイのISOイメージを選択します。保存先を決めたら開始して、あとは待つだけ。17.4GBのブルーレイのISOイメージが、5.37GBまで圧縮できました。片面2層のDVD-R DLに焼いてもよいですし、さらに1層まで圧縮してもよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事