ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

数枚のDVDをブルーレイ1枚にまとめてコピーする

DVDは片面2層でも8.5GBしか容量がないのに対して、ブルーレイは片面1層でも容量は25GB。そのためDVDでは2~3枚になってしまう映像も、1枚のブルーレイにまとめられます。そんなコピー作業をするなら「DVD Fab 11」が便利です。「リッピング・コンバーター・オーサリング・ライティング」の4つの機能をオールインワンで搭載しています。


数枚のDVDをブルーレイ1枚にまとめてコピーする

DVD Fab 11でDVDをブルーレイにコピー

数枚あるDVDをまとめて1枚のブルーレイにコピーする前に、まず「DVD Fab 11」を合法仕様にする作業が必要です。右上のボタンから「共通設定」を開き、「Blu-ray」を選択します。ここで「Blu-ray保護」内の全チェックを外すと、コピーガードの解除機能が無効となります。

数枚あるDVDをまとめて1枚のブルーレイにコピーするのに使うのは「DVDブルーレイ変換」機能です。複数のDVDのISOイメージを登録して、ブルーレイにまとめてコピーするだけです。

DVD Fab 11でDVDをブルーレイにコピーする手順は、メニューの「コピー」を開いて「DVDブルーレイ変換」を選択。次にDVDのISOイメージを登録します。「他のタイトルを選択」をクリックして、ブルーレイに含めたい映像のファイルすべて選択してください。

続いて「開始」ボタンから、ブルーレイのISOイメージを作成。このISOイメージをブルーレイに書き込めば完成です。

DVD Fab 11でブルーレイをDVDに変換する

なお、DVD Fab 11はブルーレイをメディアの安いDVDに変換することも可能です。ただし、DVDは容量が小さいので、ブルーレイの映像を収めるには画質を落とす必要があります。ブルーレイ内の不要な映像を極力削って、映像の圧縮率を下げるようにするのがポイントです。

まずはメニューの「コピー」を開き、「ブルーレイDVD変換」を選択します。ブルーレイのISOイメージを読み込んで、「他のタイトルを選択」をクリック。DVDに含めたい映像にチェックを入れます。

保存先を設定して「開始」ボタンをクリック。DVD化が開始されます。DVD-Video形式で保存されるので、一般的なDVDプレーヤーで視聴可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事