ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「アメ横センタービル地下街」はレア食材の宝庫

気軽に外国気分を味わえるカオスな食材マーケットが「アメ横センタービル地下街」です。アメ横センタービルへは、JR・各私鉄上野駅の不忍口から横断歩道を渡って直進。しばらく歩くとY字路に大きなビルが見えます。ここがアメ横センタービル。ここで、本当に面白いのは地下街なのでした。


「アメ横センタービル地下街」はレア食材の宝庫

アメ横センタービル地下街は日本語OK

東京・上野のアメ横センタービルは地下1階から地上5階まであり、飲食店や生活用品店などさまざまな店舗が50店以上入居しています。そして、ここで本当に面白いのは地下なのです。

ビルに入って階段を降りると、突然エキゾチックなゾーンに突入。細い通路の両脇にさまざまな食材店が並んでいて、異国情緒あふれる食材マーケットが広がります。

日本のスーパーではなかなか見られない謎の魚や、一般人には生きたままの販売が禁止されている蟹を売る鮮魚卸店。入手困難な部位が手に入る食肉卸。世界中の香辛料や輸入食材を扱う強烈な乾物店などが、所狭しと軒を連ねています。

基本的には一般人も購入できるので(食材によってはNG)、店員さんに声をかけてお目当ての食材をゲットしましょう。中国語で商品名が書かれていたりしますが、日本語でOKです。

アメ横センタービル地下街のレア食材

そんなアメ横センタービル地下街で見つけたお得でレアな食材が「豚の軟骨」。豚の軟骨は沖縄料理や中国料理で使用されますが、入手困難な部位です。適度にお肉の付いた肋骨の先端部位で、京和食品店で購入しました。

購入当時の価格は1kg当たり700円と非常にお買い得で、2kgをまとめ買い。これを使い、沖縄名物の「軟骨ソーキ」を作ってみました。

作り方は、洗浄して下ゆでしたら、調味液とネギ・しょうがを入れて圧力鍋で30分煮込みます。火を止めそのまま余熱調理で5時間放置したら完成。地域や季節によっては追加過熱が必要な場合もありますが、調理工程は非常に簡単です。

肝心のお味はというと、ご飯のおかずにも合うし、うどんや沖縄そばにトッピングして食すのもオススメ。軟骨はコラーゲン化してプルプルの仕上がりになりました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。