ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニサンドイッチをコスパで選ぶならどれ?

コンビニの人気商品がサンドイッチ。定番の3種「たまごサンド・レタスサンド・かつサンド」の具の大きさを測定しました。全体の重量に占める割合から、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニ3社で、それぞれサンドイッチのコスパを算出。買うべきコンビニサンドイッチはどれでしょうか。


コンビニサンドイッチをコスパで選ぶならどれ?

たまごサンドはファミリーマート

コンビニサンドイッチのたまごとレタスに関しては、3社ともに価格に大きな差はありません。しかし、かつサンドは大きさや価格がバラバラ。特に、ローソンは2個入りのうち1つはハムカツでした。ここでは具の量は1つ分を測定し全体の総重量で割り、2倍してパーセンテージを算出しました。

まず、たまごサンドはファミリーマートが1位。価格198円で総重量117.9gのうち具が38.7g(1個)、全体の具の割合が6割越えの65.6%でした。

2位のセブンは224円で総重量130.4g、具の量36.1g(1個)、全体の具の割合が55.4%。3位のローソンは220円で総重量125.8g、具の量31.2g(1個)、全体の具の割合が49.6%という結果でした。

かつサンドは食べ応えのあるセブン

レタスサンドも、ファミリーマートがコストパフォーマンスでは1位です。価格は248円で総重量107.6g、具の量は28.5g(1個)、全体の具の割合は52.9%となっています。2位はセブンは257円で具の割合が50.5%。3位のローソンは248円で具の割合が43.0%です。

一方、かつサンドは、348円で総重量239.3gという食べ応えで他を引き離したセブンが1位という結果になりました。具の量は64.8g(1個)、全体の具の割合が54.2%です。

かつサンド2位のローソンは、257円と安く総重量が160.3g、具の量54.4g(1個)、全体の具の割合は67.9%ですが、半分がハムカツなので次点。3位のファミリーマートは368円で総重量146.8g、具の量が41.8g(1個)、全体の具の割合は56.9%でした。

■「コンビニ」おすすめ記事
コンビニWi-Fiの“飛び”はどこが1番かを検証
セブンイレブンフェアの700円くじを当てる方法
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
セブンイレブンの宅配は弁当1個でオーダー可能
セブンイレブンの使い切りアロンアルファが便利
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。