ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニ「肉まん」で肉の量が多いのはセブン

コンビニのレジ横にある定番商品の1つが「肉まん」です。そこで、大手コンビニチェーン各社がしのぎを削る人気の定番商品である肉まんを「コストパフォーマンス=具材の量」の観点から徹底比較してみました。はたして、コンビニ肉まんで具材である肉の量が一番多いのはどこのチェーンでしょう?


コンビニ「肉まん」で肉の量が多いのはセブン

大手コンビニ3社の肉まんで第1位の量

セブン-イレブンの「肉まん」(140円)は総重量が106gで具材の量は35g。具の割合は「33%」で、大手コンビニ3社の中では第1位という結果となりました。

セブン-イレブンは新宿中村屋の肉まんを使用。肉がしっかりと詰まっていて、肉と皮の間の空洞は少ない構造です。総重量は3社の中では最も軽いものの、具材の量は最多で肉をしっかり感じられる一品。満足度はあるものの、そのためか10円ほど価格も高いという結果です。

ファミリーマートの「熟成生地の本格肉まん」(130円)は総重量が109gで具材の量は27gという結果。具の割合は「24%」でした。

ローソンは独自路線のコンビニ肉まん

総重量は3社の中で最も重いものの、具材の量は最下位のファミリーマートの肉まん。皮の部分に空洞ができているのが、気になるところです。全体的に物足りない印象で、おにぎりと似た傾向が出ました。ただ肉のカットが粗いため具材に存在感があるのは好印象です。

ローソンの「ジューシー肉まん」(130円)は総重量が108gで具材の量は31gでした。具の割合は「28%」という結果です。

具材の量は少なくありませんが、皮と具の間に空洞があるためか、サイズの割に具材が少ない印象を受けました。具の中身も他の2社とは若干異なり、シイタケなどの食材が入っていません。独自路線を行くコンビニ肉まんといえるでしょう。

■「コンビニ肉まん」おすすめ記事
コンビニ「肉まん」で肉の量が多いのはセブン

■「コンビニサンドイッチ」おすすめ記事
コンビニのサンドイッチはファミマが具だくさん

■「コンビニおにぎり」おすすめ記事
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う

■「コンビニ」おすすめ記事
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンの宅配は弁当1個でオーダー可能
セブンイレブンフェアの700円くじを当てる方法
コンビニWi-Fiの“飛び”はどこが1番かを検証
家族にバレずに宅配便の荷物を受け取る方法3つ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事