ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーレイやDVDのコピーはどこからが違法か?

2012年の著作権法改正により「技術的保護手段の回避」が禁止されたことで「ブルーレイ・DVDのコピーは違法」という認識が世間に広がりました。しかし、この法律を間違って理解している人も少なくありません。ブルーレイ・DVDコピーのすべてがNGというわけではないのです。


ブルーレイやDVDのコピーはどこからが違法か?

ブルーレイ・DVDのコピーガード解除

ブルーレイ・DVDのコピーが違法行為となるのは、コピーガード(技術的保護手段)を解除してのバックアップ、またはそれらのプロテクトを解除するツールの配布です。

つまり、たとえ市販の映像作品であってもコピーガードが施されていないDVDであれば、従来通り問題なくバックアップできるということです。

ブルーレイ・DVDのコピーで違法・合法のポイントは「コピーガードを解除しているか」という点です。つまり、自作のオリジナルBD-Rやノープロテクトの廉価版DVDであれば、自由にバックアップが可能です。

ブルーレイ・DVDを合法的にコピー

市販のブルーレイ・DVDはパッケージの裏面をチェック。「複製不能」と記載されていたら、それはコピーガードが施されているということです。一方、この表記がなければノープロテクトなので合法的にバックアップ可能ということになります

また、市販のブルーレイ・DVDでもコピーガードを解除しない「デスクトップ録画」であれば、違法行為に当たりません。

一方、コピーガードを回避するためのプロテクト解除ツールを配布・作成した場合は、刑事罰の対象になります。そのため、基本的には日本で販売されているブルーレイ・DVDのコピーツールにプロテクト解除機能は搭載されていません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事