ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

忘れてしまったPDFのパスワードを解除する方法

PDFファイルにパスワードをかけ、パスワードだけ別に送るといった方法は、以前から行われてきたセキュリティ対策です。とはいえ、ファイル本体とパスワードが別々なため、ファイル本体が見つかってもパスワードが見つからずPDFが開けない…といったトラブルも起こりがち。そうした際には、パスワード解析ツールを使うのが便利です。


忘れてしまったPDFのパスワードを解除する方法

総当たり方式でPDFパスワード解除

同じ会社内ではなく、社外へ送る文書のファイル形式にはPDF形式を利用することがほとんどでしょう。PDFファイルは、入手した人が容易に加工・編集が行えないため重宝されているのですが、さらに情報保全に念を入れるため、PDFファイルにはパスワードロック機能も用意されています。

PDFファイルをロックしたパスワードは、通常PDFファイル本体と別な送信方法で送られます。PDFファイルを受け取った直後であれば、パスワードも手元にある状態のため問題ありませんが、時間が経ってからPDFファイルを参照しようとすると、パスワードの方が見つかれずに苦戦する…といったケースも増えてきます。

このように、パスワードが見つからないときに便利なツールが「PDFCrack」です。PDFCrackは、PDFファイルのパスワードを総当たり式で解析するアプリで、パスワードが4桁程度の短いものであれば一瞬で解析できます。

PDFロック解除でパスワードを不要に

ただし、PDFパスワードが長くなればなるほど解析は難しくなり、家庭で使われるパソコンの性能では12ケタ以上の解析は現実的ではありません。PDFCrackのパスワード解析に時間がかかるようであれば、パスワード自体を探し出した方がよいでしょう。

PDFCrackを使う、あるいは無事パスワードがメールなどから発見された場合、今後繰り返しファイルを利用するようであればパスワードによるPDFのロックを解除してしまうのが無難です。この作業が手軽に行えるのが、Web上でPDFファイルの関連操作ができるサービス「SmallPDF」です。

SmallPDFは本来有料のサービスですが、1日2ファイルまではトライアルとして無料で利用可能。SmallPDFのメニューから「PDFロック解除」を選び、画面中央へパスワードを解除したいPDFファイルをドラッグ&ドロップ。パスワードを入力のうえ「PDFをアンロック!」ボタンをクリックしパスワードを入力すればロックが解除されます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事