ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PCに保存されたパスワードを全て抽出する方法

新しくPCを買い替えた時に、設定したままにしてあったWi-FiルータのSSIDとパスワードを思い出すのに一苦労したという人も多いでしょう。そんな忘れがちなPCのパスワード管理に役立つソフトがあります。PCに保存されているあらゆるパスワードを全て抽出してくれるのです。


PCに保存されたパスワードを全て抽出する方法

PCに登録したIDとパスワードを抽出

「recALL」は、Wi-Fiアクセスポイントやソフトウェアのインストール用パスワードなど、PC上に登録したさまざまな種類のIDとパスワードを一括で検出できるソフトです。パソコンにインストールされている2,800以上のアプリケーションから、パスワードやライセンスキーをまとめて検出します。

このツールを使うことで、過去に接続したことのあるWi-FiルータのSSIDとパスワードや、失くしてしまいがちなPCのバンドルソフトのIDとパスワードをすべて抽出。新しくPCを買い替えた時に便利です。

ただし、この手のツールはアンチウイルスソフトなどにマルウェアと認識されることが多いので、使用の際には一旦アンチウィルスソフトを停止させてからにしましょう。

PCから検出されたパスワードリスト

実際に、パスワードを抽出する手順を見ていきましょう。「recALL」はMaciej Kaczkowski氏によるフリーソフト。「フリーソフト100」のサイトからダウンロードできます。

「recALL」の回復モードは、自動回復・手動回復・サーバーのエミュレーションの3種類。メール関係以外は自動回復でOK。検出されたパスワードのリスト一覧は、CSV・TXT・HTML・ZIP・XML形式で出力できます。

ただし、実際にパスワードを抽出する作業を行うには「Windows Defender」などアンチウイルスソフトは一時停止にしなければなりません。recALL自体がマルウェアと見なされるからです。


PCのWi-Fiパスワードを表示する

接続中のWi-Fiのセキュリティキーは、パソコン内に保存されています。コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」でWi-Fiの状態を開き、「ワイヤレスのプロパティ」をクリック。「セキュリティ」タブを開くと、セキュリティキーが表示されます。

ブラウザソフトChromeは、Webサイトを解析する「デベロッパモード」機能を実装。この機能を使うと、Chromeに保存されているパスワードが丸分かりになります。

具体的な操作方法は、デベロッパモードを開いてサイト上のパスワード入力部分を選択。そしてソースの入力形式(input type)を「text」に変更すると、パスワードを表示することができるのです。

あらゆるパスワードを根こそぎ抜き出す方法とは

PCのブラウザに記録されたパスワード

ブラウザに記録されたパスワードを抽出できるツールが「WebBrowserPassView」です。起動するだけで各サイトのパスワードが丸見えの状態に…。Webブラウザに記録されているパスワードを一瞬で抜き出せます。自分のパスワードを確認するためには便利なツールといえるでしょう。

Wi-Fi機器を追加しようとする時に設定済みの接続パスワードを思い出すのに苦労したという人も多いでしょう。そんな時に、Wi-Fiの接続パスワードを抜き出してくれるツールが「WiFi Password Revealer」です。

PCに記録されているWi-FiのSSIDと接続パスワードを抜き出します。暗号化方式なども表示される仕組みです。

「recALL」ほかPC内のパスワード表示ツール3選


ZIPのパスワードを総当たり解析

また、パスワードが設定されたZIPファイルの解析に使えるのが「PikaZip」です。ファイルにかけられたパスワードとなる特定の文字列を総当たりで解析する仕組みで、5文字程度のパスワードであれば、数分で解析することができます。

ただし、こちらは文字列を総当たりで調べるため文字数が多いとそれだけ時間がかかります。PCのスペックにもよりますが、8文字の解析に8時間以上の時間がかかることもあるのです。

とはいえ、どうしても解凍したいZIPファイルがあるのであれば、使わない手はありません。起動したソフトに、パスワードのかかったZIPファイルをドラッグアンドドロップすると解析スタート。時間はかかりますが、ほぼ確実に解析できます。

PDFのパスワードを解析できるツール

このほか、ZIPファイルを総当たり方式で解析する「Free ZIP Password Recovery」の使い方を解説しましょう。パスワードで保護されたZIPファイルを指定して、解析条件を選択したら「Start」をクリック。数字数ケタ程度のシンプルなパスワードなら、それほど時間がかからず解析できるでしょう。

なお、Pro版のAcrobat Readerでは、PDFにパスワードをかけられます。セキュリティ意識の高い企業では、社内外問わずPDFの書類をパスワードで保護してから送信するのですが、その場合、パスワードは別メールで送られるのが一般的です。

ゆえに、サーバトラブルなどでいつまで経ってもパスワードが届かないケースも…。そこで役立つのが「PDFCrack」です。コマンドプロンプトでパスワードを解析できます。

具体的な操作方法は、コマンドラインを開いて「~pdfcrack.exe ~.pdf」というように、PDFCrackとPDFファイルの場所を指定。これだけで解析が始まり、結果が表示されます。

■「パスワード」おすすめ記事
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類
指紋認証でPCのセキュリティを万全にする!
USBメモリおすすめはパスワード+指紋認証
WEP方式のWi-Fiパスワードは解析できてしまう
思い出せないZIPファイルパスワードを高速解析
ZIPやPDFのパスワードは総当たりで解析できる

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事