ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難

不正アクセスに今でも利用されるキーロガーは、PCのキー入力を記録するツールです。入力したものは全部抜かれ、パスワードも簡単に解析されます。さすがにキーロガーはヤフオク!では削除対象ですが、米Amazonから入手することは可能。さっそくキーロガーを使ってみました。



スポンサーリンク
キーロガーはUSB型の発見は困難

キーロガーでキー入力のログが取れる

キーロガーはソフトウェアタイプが一般的ですが、アンチウイルスソフトでも見つからないハードウェアタイプもあります。以前は、ヤフオク!でも見かけましたが、今は速攻削除対象です。

なので今回、USB型のキーロガー「KeyLlama」を米Amazonから入手しました。価格は60.59ドル、日本円で約7,270円です。対応OSはWindows8.1/7/Vista/XP/Linuxで、内蔵メモリは4Mバイト。サイズは約55W×20H×17Dmmで約20gです。

キーロガーをUSBキーボードとPCの間に挟んで接続すれば、ドライバも不要でキー入力のログが簡単に取れます。やや大きめですが、あまり目にしないPC裏のUSBポートに設置されたら発見は極めて困難かもしれません。

キーロガーはUSBタイプが危険

キーロガーはパスワードも記録

キーロガーのデータを見るには、メモ帳などで「vmp」と素早くタイプ入力し、そのまま押し続けるとUSBメモリとして認識。入力ログを閲覧できる仕組みです。

キーロガーはあくまでキー入力の履歴を記録するので、保存されたデータはアルファベットと数字のみ。日本語はローマ字として保存されていました。

アカウント入力後に謎の文字列があったらパスワードと推測可能。実際、パスワードもきっちり記録されてしまいました。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。(文/pusai)

■「キーロガー」おすすめ記事
キーロガーを使ってPCのパスワードを解析する
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場
キーロガーはUSB接続のハードウェア型に注意

■「セキュリティ」おすすめ記事
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事