ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チプカシ改造でバックライトLEDを大光量にする

チプカシの定番「F-91W」など、大半のデジタルモデルにはバックライトが搭載されていますが、ELモデル以外は緑色のLEDが文字板の隅で小さく点灯するのみで、夜間は頼りないのが正直なところです。このチプカシの定番モデルのバックライトLEDを大光量化する改造を紹介しましょう。


チプカシ改造でバックライトLEDを大光量にする

チプカシ改造で暗い場所でも時刻確認

デジタルモデルのチプカシのバックライトは緑色のLEDの光量が物足りないのが難点。夜間の視認性がイマイチです。ならば、大光量のLEDに交換してしまいましょう。

チプカシ改造に必要な主な材料は白色LED。チプカシ改造手順はまず裏ブタを精密ドライバーで外して、時計ユニットを取り出すところからスタートです。

交換に使用したのは、千石電商で購入した10個入り620円の白色LEDになります。ハンダごてを用いて、LEDを交換してください。LEDの点灯を確認し、元通りに戻せば完成です。

その結果、1灯のみでも文字板の反対側までカバー。周りに明かりがない暗い場所でも、しっかり時刻を確認できるようになりました。

チプカシ改造でG-SHOCK風ロゴ表示

カシオを代表する売れ筋のシリーズといえば、1990年に一世を風靡した「G-SHOCK」でしょう。タフな作りと、ロゴなどが浮かび上がるバックライトが特徴でした。

このイカス機能をELバックライトを搭載した「A168WA-1」に施してみます。といっても作業は簡単で、好きな絵柄をプリントした透明のシートを挿入するだけです。

使用した透明シートは、エーワンの「ノーカットラベル透明」(550円)。切り抜きサイズは20W×10Hmmでピッタリ収まります。これでG-SHOCK風チプカシの出来上がりです。

チプカシ改造手順は、まず精密ドライバーで分解し、時計ユニットから基板を取り外します。続いて、液晶プレートをピンセットで除去。好みのロゴを印刷した透明シートを挿入してプレートでフタをすれば完成です。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事