ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1月1日開始「マイナポイント再配布」手続きは?

クレジットカードや各種電子マネーを利用すると、25%がポイント還元される「マイナポイント」は、2021年4月末までにマイナンバーカードの発行が必要だったため、もらい損ねて悔しい思いをした人も多いでしょう。そのマイナポイントが、2022年に復活することが決定。ポイント還元額も最大2万円分に増えることになりました。


1月1日開始「マイナポイント再配布」手続きは?

マイナポイントを受け取る設定手続き

マイナポイントは、政府がマイナンバーカード・キャッシュレス決済の両方をあわせて普及させるためにスタートしたポイントサービスです。実際には、マイナポイントというポイント自体は存在せず、登録したキャッシュレス決済の利用分25%をそのポイントで還元する仕組みとなっています。

マイナポイントの還元額には上限があり、2021年12月末までの期間で実施中の第1弾では5000円となっていました。しかし、2022年1月から開始予定のマイナポイント第2弾では、一定の条件を満たすことで還元額が最大2万円となるため、よりおトク度が高いのです。

2022年に受け取れるマイナポイントは、12月末までに受け取ったマイナポイントが5000円に満たない人の場合はその残り分に加え、マイナンバーカードを健康保険証と紐付けた場合に7500円分、2022年開始予定の「公金受取口座」を設定手続きした場合に7500円が追加されます。

マイナポイントに別途手続きが必要

マイナポイントを手に入れる手続きには、まずマイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードを新規に作成する場合、以前に郵送済みの「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記載して郵送する方法と、そこに書かれた申請書IDを利用してオンライン申請する方法があります。

マイナンバーカードを入手後、次に行う手続きはマイナポイントの対象となるキャッシュレス決済事業者を登録することです。12月24日時点では、マイナポイント対象キャッシュレス事業者には各種クレジットカードやICカード、QRコード決済などが登録されており、そのなかから利用頻度が高いものを選ぶのがおすすめです。

貯まったマイナポイントの受け取り方は、キャッシュレス決済事業者により異なり、自動的にポイント還元される場合と別途手続きが必要となるケースがあります。手続きが必要な決済事業者は、nanacoやWAON、PASMOなどICカードに多く、それぞれのチャージ端末などで作業を行うことになります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事