ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信料の支払方法を変えるだけで得する方法

NHK受信料の支払方法には、銀行口座からの振替やコンビニで支払い用紙を利用するなどさまざまなものがあります。そのなかのひとつに、NTTグループの電話料金などとまとめて支払うというNHK受信料の支払方法が存在。口座引き落としが一回で済むという点以外に、NTT料金とNHK受信料をまとめる支払方法にメリットはあるのでしょうか。


NHK受信料の支払方法を変えるだけで得する方法

NHK受信料の支払方法の合算サービス

NTTグループの利用料金とNHK受信料をまとめてる支払方法は、NTTグループのNTTファイナンスが「電話料金合算サービス」として提供しています。NTTファイナンスは、NTT東日本・西日本とNTTドコモの利用料金回収を委託されており、電話料金合算サービスを利用すると、NTTグループ各社に加えNHK受信料もまとめて請求が届きます。

電話料金合算サービスを利用するには、NTT東日本・西日本またはNTTドコモの回線契約が必要で、NTTドコモ以外の携帯電話回線しか持たない世帯は利用できません。ただし、NHK受信契約を結んだ本人がNTT東日本・西日本またはNTTドコモの回線契約を結んでいない場合も、同居する家族の回線契約があればNHK受信料をまとめる支払方法は利用可能です。

電話料金合算サービスの支払方法のNHK受信料は、口座振替やクレジットカード継続払いの支払方法と同じ金額になります。また、NTT東日本・西日本、NTTドコモの支払い分にNHK受信料が上乗せされるため、NHK受信料の支払方法も回線料金と同じとなります。

NHK受信料の支払方法変更で得する

このため、NTT東日本の回線料金を請求書で支払っている場合、電話料金合算サービスを利用するとNHKから届く請求書による支払方法より割安ということになります。とはいえ、口座振替・クレジットカード払いと同じNHK受信料のため、支払方法を電話料金合算サービスにすることで、ことさらお得になるとはいえないでしょう。

NHK受信料の支払方法で得するためには、電話回線合算サービスを利用するかどうかに関係なく、ポイント還元率が高いクレジットカードを利用することと、12か月前払いを利用することが基本です。

衛星契約の場合、12か月前払いのNHK受信料はクレジットカード継続払いの支払方法で年2万4185円。一方、2か月ごとにNHKから届く振込用紙による支払方法で年2万6640円で2455円も割高です。さらに、1%ポイント還元のクレジットカードにNHK受信料の支払方法を変更すれば約240円のポイントが貯まるため、その分おトク度がアップするのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事