ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHKメッセージ消去にACAS番号を登録すると危険

新しいテレビに買い換える、あるいはBDレコーダーを追加したりすると、NHKのBS放送には大きなメッセージが表示されます。この状態でもテレビ番組自体は見られますが、NHKメッセージ表示があるままで番組を見続けるのは苦痛です。NHKへ正しい手順で連絡すればメッセージは消去できますが、逆に別の問題が起きてしまうのです。


NHKメッセージ消去にACAS番号を登録すると危険

NHKメッセージ消去はACAS番号で可能

テレビやレコーダーを購入後、そのままの状態で視聴を続けようとすると、4K・8Kを含むNHKのBS放送のチャンネルに合わせた際に「受信機設置のご連絡のお願い」に始まるメッセージが画面下部分に現れます。この仕組みは、NHKのBS放送がデジタル化して以降に採用されたものです。

このNHKメッセージ表示は、デジタルテレビ放送のアクセス制限技術「ACAS」「B-CAS」が持つ機能の一部。NHKにテレビ・レコーダーの利用登録を行わないでいると表示されます。ちなみに、WOWOWなどの有料放送も、未契約状態のテレビには同様の仕組みでメッセージを表示しています。

NHKのBS放送のメッセージについては、ACASチップ番号・B-CASカード裏面に書かれた番号をNHKのWebサイトで登録するか、電話窓口で伝えることで消去が可能。この際、一般家庭ではNHKと受信契約を結んだ家族の氏名・住所もあわせて伝える仕組みです。なお、ACASチップ番号は、テレビの設定画面から確認できます。

NHKメッセージ消去で衛星契約を迫る

メッセージの消去時には、NHK側で受信契約の有無を確認するため、もともとNHKと受信契約を結んでいない人はメッセージの消去は行えません。むしろ、逆にNHKに自身がテレビを所有しBS番組を視聴できることがバレる可能性が高くなります。

さらに、NHKと地上契約だけを結んでいた人がNHKへBS放送のメッセージ消去を依頼すると、ほぼ間違いなく衛星契約への切り替えをお願いするNHK訪問員が訪ねてきます。NHKにメッセージ消去を依頼するということは、メッセージが表示されるチャンネルが映る状態だとNHK側は判断するため、これを断ることは至難の業です。

ちなみに、テレビやレコーダーによっては、B-CASカードスロットを複数備える、ACASチップとB-CASカード用スロットの両方を搭載するモデルが存在します。これは、ACASチップやB-CASカードには同時視聴チャンネル数の制限があり、多チャンネル同時録画に対応する機種ではACASチップやB-CASカードが複数必要になるためです。

こうしたモデルの場合、利用するACASチップやB-CASカードの番号をすべてNHKへ登録しないと、視聴状況によってはメッセージ表示が残ってしまいます。例えば、ACASチップとB-CASカードの両方を備える4Kテレビの場合、B-CASカードのみを登録しACASチップが未登録の場合、NHK BS4Kの視聴時にメッセージが表示されるのです。

■「NHKメッセージ消去」おすすめ記事
NHKのBSメッセージを受信料払わずに消去する裏ワザ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事