ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信料を払わないで問題にならないケースは?

NHKの受信料は、衛星契約となると月に2000円以上もかかります。Netflixのプレミアムプランが月1980円であることを考えると、たまにしかNHKを見ない人にとっては高い料金設定といわざるをえません。できることならNHK受信料を払いたくないという人も多いでしょう。NHK受信料を払わないで問題にならないケースはあるのでしょうか。


NHK受信料を払わないで問題にならないケースは?

NHK受信料を払わないといけない理由

テレビ放送を見る人がNHKに受信料を払わなくてはいけない理由は、放送法にある「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」という条文にあります。

放送法にはその後「ラジオとデータ放送(多重放送)だけ受信可能な設備は含まない」といった内容の例外規定が続きます。このため、NHKと受信契約を結ぶ対象は、BSを含むテレビ放送が視聴可能な人ということになります。

NHKの受信契約には、当然ながらNHK受信料の規定があり、現在は地上契約が月額1225円、衛星契約が月額2170円です(いずれも口座振替・クレジット決済の場合)。

NHK受信料を払わないで問題ないケース

放送法がテレビ放送を受信できる人をNHK受信契約の対象としているため、「NHKを見ない」という理由でNHK受信料を払わないと違法になります。また、テレビを持っていなくても、ワンセグ受信機能があるスマホやカーナビがあると、NHKが視聴できるため受信料を払わなくてはなりません。

ただし、テレビを所有していても「アンテナがない」「チューナーがない」といった、物理的にNHKが視聴できない状態なら、NHK受信料を払わないで済ますことは可能です。

例えば「アンテナを設置せずNetflixしか見ない」「アンテナなしで地上波はTVerで見る」「古いアナログ放送用テレビでDVDだけ見る」といったケース。これならNHK受信料を払わないといっても問題ありません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事