ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レトロフリークが発売後7年でも支持される理由

ファミコンやメガドライブといった何十年も前のゲームを遊ぶ場合、最も手っ取り早いのがエミュレーターを使う方法。しかし、現物のソフト(カートリッジ)をプレイするとなると一気にハードルが上がります。そんな時に便利なのが、レトロゲーム互換機です。レトロゲーム互換機の決定版「レトロフリーク」を見ていきましょう。


レトロフリークが発売後7年でも支持される理由

レトロフリークはレトロゲーム互換機決定版

最新版のレトロゲーム互換機であればHDMIの映像出力にも対応しており、現代のテレビで昔のゲームが遊べるようになります。そんなレトロゲーム互換機の決定版といえるのが2015年に登場した「レトロフリーク」です。

レトロフリークが発売から7年が経った今も支持され続ける理由は、対応機種の多さでしょう。1台で11機種ものハードに対応しています。

さらに、別売りの「ギアコンバーターS」と「NESカートリッジコンバーター」を使えば、ゲームギア、セガ・マークⅡ、SG-1000、さらにNES(海外版ファミコン)が追加されます。

レトロフリークはカートリッジ不要

レトロフリークは最大15機種のゲームが遊べるようになるということ。つまり、たいていのカートリッジのゲームには対応できてしまうのです。

レトロフリークは、カートリッジのデータを本体のmicroSDカードにインストールする機能を備えています。一度ゲームをインストールしてしまえば、あとはカートリッジ不要でゲームがプレイ可能です。

これならレアゲームも、カートリッジの劣化を気にせず遊べます。さらに、どこでもセーブや改造コードといった便利機能も豊富。実勢価格は22,000円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事