ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

英語が基本の航空無線になぜか「ほんまかいな」

航空無線の交信は英語が基本です。とはいっても、必要最小限の定型句を聞き分けることができれば、英語が苦手な人でも十分に理解できます。ところが、大阪方面の航空無線では「ほんまかいな」というフレーズが聞こえてくるといいます。なぜ英語が基本の航空無線にそんなフレーズが出てくるのでしょう。


英語が基本の航空無線になぜか「ほんまかいな」

5文字アルファベットの名前を設定

飛行中の航空機が目印としているのが、地上から電波を発射しているVOR/DMEです。航空機に方位情報を与えるVOR地上装置と、距離情報を与えるDME地上装置が併設されていて、航空機はここから情報を得て位置を把握しています。

これ以外に、適宜目標となる場所が全国各地に設定されていて、航空無線で位置の報告や飛行方向を指示する時に使用。「フィックス」や「ウェイポイント」と呼ばれ、国際的な取り決めで5文字のアルファベットの名前が付けられています。

例えば、千葉県君津市上空付近の東京国際空港A滑走路への進入経路上に設定されているのが「APOLO(アポロ)」。その近くには同じくC滑走路への進入経路上に「CAMEL(キャメル)」が設定されています。頭文字を滑走路に合わせることで、分かりやすくしているのです。

作成した担当者の趣味が垣間見える

ネーミングは、地名や名物にちなんだものも多く、高知沖には高知県出身の漫画家にちなんで「ANPAN(アンパン)」が設定。神戸市上空にはタイガースにちなんだ「TIGER(タイガー)」まであります。

このほか、佐渡島上空は金山から「GOLDO(ゴールド)」というネーミングで設定。アルファベット5文字という決まりがあるため、正しいスペルを無視していることも少なくありません。

そして、和歌山南部から大阪方面へのルート上に設定されているのが「HONMA(ほんま)」と「KAINA(かいな)」というわけです。ウェイポイントを表示できるアプリやWebサイトがあるので、確かめてみると面白いでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事