ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「金パナ」に代わるアルカリ乾電池の新定番は?

パナソニックの「金パナ」こと「アルカリ乾電池」は、世紀を超えた大ロングセラー商品です。1967年にパナソニックで初となるアルカリ乾電池が発売されて以来、家電市場の流行に合わせて進化を続け、40年近く販売されています。そんな金パナにも、世代交代の波が到来…。金パナに代わるアルカリ乾電池の新定番を見ていきます。


「金パナ」に代わるアルカリ乾電池の新定番は?

パナソニックの最高峰アルカリ乾電池

使用推奨期限を10年に引き延ばし、より長持ちする「エボルタ」を2008年にリリースした後で、さらにパワーアップした「エボルタNEO」を2017年に発売しました。なお、金パナもエボルタの技術を採用し、後に10年保存が可能になっています。

最高峰モデルとなったこのエボルタNEOは超ロングライフ性能を維持していて、今回チェックしたロットでは初期電圧のドロップ自体はスタンダードモデルよりも大きかったものの、1.08V近辺で性能は逆転し、粘り強さを見せています。

ただ、金パナやエボルタに比べてちょっとお高めなので、実際にすべてをこれに置き換えるのは難しいでしょう。昨今普及しているハイパワーLED懐中電灯などにはエボルタNEOが向いているので、うまく活用していくことをオススメします。

パナソニックのアルカリ乾電池で記録

パナソニックの「アルカリ乾電池」は、すべてのアルカリ乾電池の指針といえる金パナ。放電曲線はエボルタとよく似た形を描きます。実勢価格は550円(単3形×4本)です。

「エボルタ」は2004年に登場した「オキシライド乾電池」の上位互換として発売。現在流通しているモデルは旧世代のような高出力ではなく、おとなしめの性能。実勢価格は650円(単3形×4本)です。

エボルタの品質をさらに向上させたのが、「エボルタNEO」。10年保存後の長持ち性能を20%アップしていて、2017年には「世界一長もちする単3アルカリ乾電池」としてギネス世界記録にも登録されています。

エボルタNEOとしては単1形、単2形、単3形、単4形、9V角形がラインアップ。実勢価格は700円(単3形×4本の価格)、3モデルの中で最も高価です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事