ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電量販店のオリジナル乾電池の性能を比較した

家電量販店の電池売り場には、大手メーカー製品と並んで、自社のプライベート商品が陳列されています。価格はメーカー品よりも大幅に安い上、売り場でもやたらプッシュされていますが、どれほどの性能なのでしょう。家電量販店5店舗のプライベートブランド単3形乾電池の性能を比較してみました。


家電量販店のオリジナル乾電池はどれが買いか?

プライベートブランドの単三乾電池

今回、性能比較した家電量販店のプライベートブランド単三乾電池は、ノジマが「ELSONIC ハイパワーアルカリ乾電池」、ヨドバシカメラが「アルカリ乾電池 ロングライフタイプ単3形」、ビックカメラが「アルカリ乾電池」です。

このほか、ヤマダデンキが「ヤマダ電機オリジナルアルカリ乾電池」、ジョーシンが「アルカリ乾電池単3形」。指標としてパナソニックの「アルカリ乾電池」も比較しています。

単3形乾電池の計測は、昨今のハイパワー機材で使うことを前提に、1A放電で行いました。アルカリ一次電池はJISの規格で終止電圧(寿命)が0.9Vと設定されているので、その数値を下限に設定しています。

ノジマのプライベートブランド乾電池

テストの結果、1位はノジマのプライベートブランド単三乾電池に決定! 1本あたり20.6円と激安ながら健闘を見せてくれました。全国展開ではないのが残念ですが、最近は百貨店の中などに小型店舗を出店していたり、ネット通販も積極的です。

指標として測定したパナソニックのいわゆる「金パナ」は、実測容量も終止電圧の到達時間もNo.1です。1本あたりの価格は64.25円とやや割高といえます。

ただし、備蓄用電池として見た場合には、使用期限が10年である一方で、そのほかのプライベートブランド乾電池の使用期限は5年がほとんど。1年あたりの価格はプライベートブランド製品とそこまで変わらないといえるかもしれません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事