ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AM受信のバランスが良好なパナソニックのラジオ

胸ポケットに入れて使うことを前提に、薄く作られたパナソニックのポケットラジオ「RF-NA35R」。巻き取り式のイヤホンを内蔵する、大手家電メーカーらしい堅実なデザインが光ります。AM波の感度は高いのにノイズにも強いという、AM受信のバランスが良好なパナソニックのラジオの詳しい性能を見ていきましょう。


AM受信のバランスが良好なパナソニックのラジオ

RF-NA35RはFMの感度もやや高めの印象

パナソニックのポケットラジオ「RF-NA35R」は、AM波の感度は高いのにノイズにも強いという、相反する性能をバランスよく発揮。バーアンテナの指向性は感度方向に広く、少し動いたぐらいでは受信状況は変わらず、扱いやすさにつながります。FM波の感度もやや高めの印象です。

デジタルチューナー機の選局のシビアさをカバーする方法として、「らくらくチューニング」=AFC(自動周波数調整)を採用。電波が強い局の場合、多少雑にチューニングしても、3ステップ以内のズレなら目的の放送局に合わせてくれます。

ただし、弱い局の場合、ほとんど効果がないこともあります。夜間のAMラジオ放送は、地元局と同等に入感してくる強い遠方局に引っ張られて、目的の放送局を見失ってしまいました。

RF-NA35Rのスピーカーの音質はクリア

スピーカーの音質はメリハリがあってとてもクリアです。一方、イヤホンの音は、ややこもったような印象を受けました。そこで「快聴音」機能を作動させると、スッキリとした聞きやすい音になったのです。

音量を上げていくと、スピーカー使用時だけでなくイヤホンでも「独特のひずみ」が発生。省電力設計などに起因するものと思われます。

RF-NA35Rの受信周波数は504~1665kHz(AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は28mm/125mWです。電源は単4形乾電池×2本となります。サイズ/重さは55W×91H×13.9Dmm/73g。実勢価格は5,000円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事