ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

料金30%オフ消滅!正月はETC休日割引が適用外

高速道路に限らず、日本各地で多くの人が移動する正月は、一昨年・昨年ともに移動の自粛を求められていたこともあり、今回こそは帰省や旅行をと計画している人も多いでしょう。しかし、高速道路の利用については、例年ETC休日割引でお得になる正月3が日が、2022年は通常料金のままとなるため注意が必要です。


料金30%オフ消滅!正月はETC休日割引が適用外

ETC休日割引の適用除外が発表された

NEXCO3社と本四高速・宮城県道路公社は、ETC休日割引について、2022年1月1~3日は適用除外にすると発表しました。5社連名の発表によると、今回の適用除外は国土交通省からの要請にもとづいて行われるとのことです。

ETC休日割引は、車種区分で「軽自動車等」「普通車」にあたる車両の土日祝日の走行に適用されるもので(ETC深夜割引時間帯を除く)、NEXCO3社と宮城県道路公社は東京・大阪近郊に設定された「大都市近郊区間」と東京湾アクアライン・沖縄道を除き通行料金が30%オフ。本四高速は、ETC平日料金より割安な休日料金となります。

土日祝日に適用されるETC休日割引について、平日にあたる1月3日をわざわざ適用除外と発表したことを不思議に思う人もいるかもしれません。実は、ETC休日割引には例外があり、毎年1月2日・3日は平日・土日祝日にかかわらずETC休日割引の対象と決められているのです。

ETC休日割引でなくETC深夜割引を利用

国土交通省が今回のETC休日割引適用除外を要請した理由は、同省が設けた審議会が2021年8月に出した中間答申にあります。この中間答申では、ETC休日割引については繁忙期等に割引を適用しないことを求めており、国土交通省高速道路課によると、1月1~3日はこの「繁忙期等」にあたるという判断から今回要請を行ったとのことです。

また、国土交通省高速道路課に正月同様に「繁忙期等」と考えられそうなゴールデンウィーク・お盆の各期間についても、今後同様の要請をするのか確認したところ、「今後の協議しだいではあるものの、視野には入れている」とのことでした。

なお、2022年1月1~3日もETC深夜割引については引き続き適用されます。ETC深夜割引は、0~4時に走行した場合について通行料金が30%オフになるもので、ETC休日割引と違い全車種対象なほかに対象路線も広がります。このため、今回の正月シーズンのドライブでは、ETC深夜割引の利用を検討した方がよいといえそうです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事