ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCなしで「スマートIC」へ入るとどうなるか?

首都高速の一部出入口のETC専用化が3月から始まりますが、NEXCO3社ではすでにETC専用のIC「スマートIC」を全国100か所以上に設置しています。スマートICは現金利用時の通行券が発行できないため、ETCなしで入ろうとするとスマートICのゲートで立ち往生することに…。このような場合、どのように対応すればよいのでしょうか。


ETCなしで「スマートIC」へ入るとどうなるか?

スマートICは全国に145か所設置済み

NEXCO3社が各地で設置を進める「スマートIC」は、出入りがETC利用に限定されたICです。通常のICと異なり、スマートICはETCレーンをノンストップで通過することができず、出入りの際にゲート前で一旦停止する必要があります。

通常のETCレーンには、通行する自動車をノンストップで通過させるためのセンサーが多数設置されています。一方、スマートICでは自動車を一旦停止させることでセンサー数を減らして設置コストを削減。ETCレーンも短くて済むため、設置スペースに限りがあるSA・PAにも導入可能です。

2021年12月現在、スマートICは全国に145か所設置されていますが、SA・PA併設型が93か所と圧倒的に多く、SA・PA以外への設置は52か所にとどまります。とはいえ、2019年以降はSA・PA以外へ設置されたスマートICの方が上回っています。

ETCカードを忘れてスマートICに侵入

ETC専用のスマートICでは、現金利用時に必要な通行券の発券ができません。そのため、ETCカードをうっかり自宅に忘れてスマートICに進入した場合、そのままではICのゲートを開く手段がなく、困ったことになります。こうしたケースでは、どのように対処すればよいのでしょう。

じつは、スマートICへの誤進入については、構造によりいくつかの対処パターンがあります。まず、設置スペースに余裕があるスマートICには、通常のICと同様に誤進入などに備えたUターン用のスペースが確保されています。この場合はゲートにあるインターホンで係員を呼び出し、その指示に従いUターンします。

一方、入口のみで出口がなくUターン用のスペースがないスマートICに誤進入したケースでは、バックで一般道へ戻ることになります。この場合も、インターホンで係員を呼び出して、その指示に従ってバックを行います。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事