ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PAでUターンしたら高速道路のETC料金どう計算?

高速道路のSA・PAは基本的には一方通行で、上り線から下り線へUターンすることはできません。ところが、全国に3か所だけUターン可能なPAがあり、アクアラインの海ほたるPAのように観光目的でのUターン利用を勧める場所もあります。それでは、こうしたPAで高速道路をUターンした場合、料金はどのように計算するのでしょう。


PAでUターンしたら高速道路のETC料金どう計算?

海ほたるUターンは片道と同じETC料金

日本の高速道路は一方通行が基本で、途中でUターンすることは通行止めなどを除きできません。高速道路の本線上はもちろんのこと、SA・PAも一般車両がいつでもUターンできない構造です。このため、Uターンをしたい場合は、一旦ICから高速道路を降り、再び乗り直すことになります。

ところが、全国に3か所だけUターンが可能なPAが存在。それは東京湾アクアラインの海ほたるPA、外環道の新倉PA、瀬戸中央自動車道の与島PAで、いずれも両方向の駐車場が共通スペースとなっており、PAへ入ってきた方向へUターンして戻ることが可能です。

それでは、これらPAでUターンした場合、通行料金はどのように計算するのでしょう。まず、海ほたるPAでUターンした場合、前後の浮島JCT~木更津金田IC間は均一料金制のため、Uターンした場合も通過した際の料金と同じ。ETC利用であれば、通過・Uターンともに普通車800円です。

新倉・与島は走行分をETC料金に割増

次に、新倉PAについてはUターン用の料金表が用意され、首都高速池袋線・埼玉線からいったん新倉PAまで向い、Uターンして三郷JCT方面へ戻ると、その分通行料金が高くなる仕組みです。例えば、美女木JCT~草加ICの場合、直接向かうとETC料金は普通車620円で済むのに対し、新倉PAでUターンをすると820円となります。

また、与島PAでUターンする場合は、入口ICから与島PAまでの料金と与島PAから出口ICまでの料金を合計する仕組みです。例えば、平日昼間に普通車で早島ICから与島PAへ向かい、与島PAでUターンして水島ICへ戻ると、ETC料金は早島IC~与島PAの1310円と与島PA~水島ICの1090円を合計した2400円となります。

ちなみに、首都高速にも大黒PA・箱崎ロータリーのようにUターン可能なPAがありますが、もともと首都高速のETC利用は到達可能な最短ルートで通行料金を計算する仕組みです。そのため、都心環状線の入口から大黒PAまで行き再び都心環状線へ戻る場合も、都心環状線ルートの通行料金となります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事