ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カーナビのワンセグテレビのNHK受信料いくら?

いまやドライブに欠かせないカーナビでは、かつてワンセグのテレビ視聴機能が搭載されたモデルが主流でした。ところが、最近発売中のモデルのほとんどは画質が落ちるワンセグではなく、家庭で見るテレビと同じ画質のフルセグを搭載するものがほとんど。実は、ワンセグ・フルセグどちらを選んでも、NHK受信料は同じなのです。


カーナビのワンセグテレビのNHK受信料いくら?

カーナビワンセグテレビのNHK受信料

カーナビに搭載されているテレビ機能には、ワンセグ・フルセグの2種類あります。このうち、フルセグは一般的な地デジテレビと同じ方式で、地デジ放送の1チャンネルを区切る13セグメントのうち12セグメントを受信。ワンセグでは残りの1セグメントを受信することになります。

地デジ放送にワンセグ・フルセグの2種類が用意された背景には、放送の情報量が増えるほど、電波の受信や表示に電力が多く必要になるという原理があります。ワンセグは、周波数帯を絞り情報量を減らすことで受信時の消費電力を抑えるために用意されたもので、当初から携帯電話やカーナビでの利用が想定されていました。

しかし、ワンセグの情報量が少ないということは、フルセグに比べて画質が落ちるということ。カーナビの場合、ディスプレイは年々大型化してワンセグでは画質が見劣りするようになりました。現在販売されている新車は、ワンセグではなくフルセグを搭載するモデルが増えているのです。

さらに、NHK受信料から見てもワンセグは不利です。画質が劣るフルワンセグ搭載のカーナビでもフルセグと同じ地上契約分の受信料を支払う必要があります。これは、NHK受信契約にはBS放送を含む「衛星契約」と地デジのみの「地上契約」の2種類しかなく、ワンセグ向けに割安なNHK受信契約が設定されていないためです。

カーナビチューナーなしのNHK受信料

ただし、カーナビのテレビに関しては、マンションの地下駐車場や自宅近くに駐車場を借り保管する場合も、自宅にテレビを設置したと見なされます。そのため、自宅でNHK受信契約を結んでいる場合、カーナビ分として追加でNHK受信契約を結ぶ必要はありません。

また、メーカー純正カーナビの場合、安全運転のため走行中にはテレビ画面が映らないため、そもそもテレビなど必要ないという人も増えています。こうしたニーズに合わせ、各自動車メーカーでは地デジチューナーをオプションにするモデルも存在します。

例えば、2021年の新車販売台数1位のトヨタ・ヤリスではディスプレイとFM・AMラジオチューナーがセットになった「ディスプレイオーディオ」が標準搭載され、カーナビ・テレビチューナーはオプション設定です。そのため、オプションで地デジチューナーを選ばない場合、NHK受信契約は必要ありません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事