ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

OBD2マルチメーターでガソリンの無駄遣いを防ぐ

右肩上がりで高騰しまくるガソリン価格。年末まで長引くなどという説もあり、200円突破の悪夢も現実味を帯びてきました。早急に対策を講じる必要がありそうです。まずは運転を見直してガソリンの無駄遣いを防ぐことが大切。燃費の良い運転のために「OBD2マルチメーター」を導入してみましょう。


OBD2マルチメーターでガソリンの無駄遣いを防ぐ

OBD2マルチメーターで詳細なデータ

燃費の良い運転をする…とはよくいわれますが、具体的にどんな運転をするとどの程度の節約になるのか、具体的な数値を見ないと身につきません。

そこで、所有しているクルマにOBD2ポートが搭載されているなら、アフターパーツで燃費を測定してみてはいかがでしょう。ディスプレイ非搭載のOBD2マルチメーターなら、2,000~3,000円程度で購入できます。

OBD2マルチメーターは車両コンピュータから情報を読み出すことができるので、車載メーター以上の詳細なデータが得られます。スマホと連動させてアプリ画面から燃費計を呼び出して表示すれば、リアルタイムの燃費を測定可能です。

OBD2マルチメーターをアプリで表示

この燃費計を参考に、急発進や急ブレーキを控えた運転を心がけると、ガソリンの消費を抑えた走行が可能になるでしょう。ちなみに、マックスウィンのOBD2マルチメーター「ELM327」は実勢価格が3,078円です。

対応車種は2003年以降のOBD2規格の国産車とすべての輸入車となっています。スマホとの接続方法はBluetooth。サイズは48W×25H×24Dmmです。

さらに「OBD Driver」アプリを使うと、OBD2マルチメーターから吸い出したデータを元に、56種類の情報を提示。燃費は走行中や累計の数値など、あらゆるデータを表示でき、どのくらいの速度で走ると燃費がいいかなども教えてくれます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事