ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バイク用BSMシステムの性能を検証してみた結果

「BSM(ブラインドスポットモニター)」とは、車両の左右斜め後ろの死角に接近する車両をドライバーに知らせる機能のこと。近年はドアミラーにインジケーターを内蔵したBSM搭載車が増えています。そして、バイク乗りにとっても左右後方に生じる死角は死活問題。バイク用BSMシステムを紹介しましょう。


バイク用BSMシステムの性能を検証してみた結果

バイク用BSMシステムは誤動作がない

近年はバイクでも車線変更時はもちろんのこと、死角への接近車両を最低限の視線の動きで感知できる「BSM」が注目されています。MAXWINの「バイク用BSMシステム」を詳しく見ていきましょう。

左右のミラー付近に警告インジケーターを取り付け、バイクの後方に設置した24GHz帯レーダーセンサーと連携。後方15m、左右4.5m以内に他車が接近すると、インジケーターが赤く発光して報知してくれます。

首を動かさずに少しの視線移動で周囲の状況が確認できるので、安心感が段違いです。後方から時速約20㎞以上で接近する物体以外には反応せず、停車時やすり抜け時の誤動作もありません。

バイク用BSMシステムの電源はバイクのバッテリーと、電源連動のACCに接続するだけのシンプルな構成。12VとGNDのリード線を結線し、イグニッション連動するACC電源に接続します。

バイク用BSMシステムの使用感は良好

ACC電源の取り回しが考慮されていない旧車や、中華バイクなどの場合は、メインヒューズ周りやヘッドライトなどの配線に結線。もしくは、デイトナのアクセサリー電源分岐「D-UNIT」などを併用すればOKです。

バイク用BSMシステムの使用感は良好。日差しが強い日中でも視認性は問題ありませんでした。あとは費用対効果ですが、安心安全を3万円程度で購入できるのならば、大アリでしょう。

センサー周波数は24.00~24.25GHzで、センサー検知速度範囲は0.15m/sです。センサー検知反応速度は±0.07m/sとなります。電圧はDC9~16Vで、消費電流は500mA(12V)。防水性能はIPX7です。センサー本体のサイズ/重さは121.6W×56.5H×45.3Dmm/480g。実勢価格は30,000円です。(文/まりえん)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事