ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドラレコ360度カメラ映像はどうチェックする?

昨今問題になっているあおり運転や路上でのトラブルに対応するために有効なのがドライブレコーダー。デジタルミラー型、2カメラタイプなどさまざまラインアップされている中でも、とくに360度カメラを搭載したモデルが安心でしょう。前後左右をカバーする映像が、トラブル時の証拠となるはずです。


ドラレコ360度カメラ映像はどうチェックする?

ドラレコ360度カメラをフロントに配置

そんな360度カメラをフロントに配置した2カメラモデルのドライブレコーダー最新機種が、ケンウッドの「DRV-C770R」です。後続車によるあおり運転はもちろん、車体側面への接触やドアパンチといったトラブルも漏れなく記録できます。

そんな360度カメラによる映像で気になるのが、その確認方法でしょう。DRV-C770Rは同社製ビューアーソフト「KENWOOD ROUTE WATCHER Ⅱ」を使って確認できます。

ビューアソフトをを使うことで、撮影した映像をPC上で確認可能。さらに、走行ルートや加速度の推移グラフなど、ドライブ中の詳細なログもチェックできます。

ドラレコ360度カメラ映像は調整可能

なお、ドラレコの360度カメラの映像は画面上で好きなアングルに調整可能で、表示方式も2分割、4分割、ラウンドなど複数用意されており、自由に切り替えられる仕様です。

記録解像度は1856×1856ドット(メイン)、1920×1080ドット(リア)で、モニターは2.4型TFT液晶です。記録方式は常時録画、イベント記録、手動録画、駐車監視録画で、保存形式はMP4となります。

記録メディアはmicroSDカード(16~128GB)。サイズ/重さは74W×86.7H×31.2Dmm/139g(メイン)、60W×25H×28.5Dmm/28g(リア)となります。実勢価格は40,480円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事