ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ウォシュレットは隠しコマンドで自分好みに設定

電子機器にはサービスマン用の管理者モードが用意されているもの。各メーカーのシャワートイレの一部にも管理者モードがあり、機能を制限したり手動でより細かく調整できるようになっています。自宅や会社に設置してあるシャワートイレの型番を検索して、取扱説明書をチェックしてみましょう。


ウォシュレットは隠しコマンドで自分好みに設定

ウォシュレットの温度調整コマンド

TOTOのウォシュレットには、シャワートイレがより便利に使える隠しコマンドがいくつか存在します。なかでも、もっとも一般的な隠しコマンドが「設定モード」の長押し。3段階もしくは5段階で便座とシャワー温度を調整できます。

また、TOTOのウォシュレットには「立ってする派」の男子にうれしい隠しコマンドも存在。「止」を長押しして液晶を点滅させて「便座」→「止」を押すと、便フタと便座を同時にオープンさせることができるようになります。

TOTOの「音姫」は水洗音などを擬似的に発する機能です。この音姫の音を変更する隠しコマンドもあります。音姫付きのウォシュレットで「音停止」を10秒長押しして、すべてのランプ点滅させます。この状態で、音量「+」で音姫の音を変更可能。「音停止」を押して設定完了となります。

シャワートイレをオールリセットする

INAXのシャワートイレ「Bシリーズ」の隠しコマンドは「強」ボタンを軸にしたボタンの同時長押しが基本です。「強」+「温水」で洗浄の強さを「強」よりさらに1段階強くすることができます。

さらに「強」+「弱」では、洗浄の強さを3段階から5段階に設定できるようになります。このほか「強」+「弱」+「おしり」の同時長押しでオールリセット。すべての機能を初期設定に戻すことが可能です。

パナソニックのシャワートイレ「ビューティ・トワレ泡コート」の隠しコマンドは、「強」を押しながら「便器面コート」を長押し。「便器面コート」を長押しするたびに、泡の噴出時間が3段階で変更できます。

さらに「強」を押しながら「ハネ抑制」を長押しする隠しコマンドでは、「ハネ抑制」を長押しするたびに、洗剤投入量が3段階で切り替え可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事