ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニ冷凍スイーツが独自の進化を見せている

かつては手抜き料理の代名詞だった冷凍食品ですが、味の向上はもちろん、メニューの多様化が止まりません。日々成長を続けているコンビニの冷凍コーナーに注目です。コンビニの人気コーナーといえばスイーツ。冷食はここにも進出してきました。ぜひ試してみたいコンビニ冷凍スイーツを紹介しましょう。


独自の進化を見せるコンビニ冷凍スイーツの世界

コンビニ冷凍スイーツにマカロン4種

コンビニ冷凍スイーツは、調理方法もレンジで温めるだけではなく、自然解凍や凍ったままの食べ方を推奨するものもあります。若い女性に人気だというマカロンやフォンダンショコラなるもののも、コンビニ冷凍スイーツはしっかり押さえてありました。

ローソンのコンビニ冷凍スイーツ「4種のマカロン」(価格:430円)は、凍ったまま食べることを推奨しており、指示通りに口に入れても生地やクリームがガチガチになっていません。内容量は4個で、メーカーは不二家です。

ローソンのコンビニ冷凍スイーツ「フォンダンショコラ」(価格:399円)は、中に液状のチョコソースが入ったホットスイーツなので、冷凍スイーツとしての相性はピッタリです。半分に割ってみるとソースがドロリと出てくる仕上がり。内容量は2個で、メーカーは味の素です。

コンビニ冷凍スイーツが人気で品切れ

ファミリーマートのコンビニ冷凍スイーツ「しみふわっフレンチトースト」(価格:348円)は、小ぶりながら超厚切りのパンに、中までソースが染みている冷凍スイーツ。アツトロな食感で、朝食やブランチ用に常備しておくと休日が楽しいでしょう。内容量は1個で、メーカーはコダマです。

セブンのコンビニ冷凍スイーツ「冷たく食べる濃厚スイーツクラシックチーズケーキ」(価格:300円)は、冷凍or自然解凍のまま食す、チーズ100%のケーキ。チーズの香りが濃厚で、全国的に品切れを起こした人気冷凍スイーツです。内容量は2個で、メーカーは味の素です。

このほか、セブンの一部店舗では、冷凍フルーツを専用マシンで仕上げるスムージーを販売中。まるで生フルーツのようなクオリティなので、見かけたら一飲の価値アリのコンビニ冷凍スイーツです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事