ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

価格差1万円以上!マキタ互換バッテリーの性能

マキタの電動工具用のバッテリーは、同社のさまざまな機器で共有できる設計です。プロ向け工具のためのバッテリーということもあり、価格が高いのがネック。このため、Amazonでは中華製のマキタ互換バッテリーが大量に見つかります。マキタ互換バッテリーの実情について、詳しく見ていきましょう。


価格差1万円以上!マキタ互換バッテリーの性能

マキタ互換バッテリーは持ちが悪い

マキタはプロ向け工具ということもあって、その高い性能に比例して高額になりがち。バッテリーも例外ではありません。18V/6.0Ahのバッテリー「BL1860B」は1つで16,248円にもなります。

このため、中華製のマキタ互換バッテリーが大量に出回っている始末。バッテリーの持ちが悪いなど性能は価格並みではありますが、マキタの充電が切れた時の予備用であれば選択肢になるでしょう。

Amazonで買えるVANKOのマキタ互換バッテリー「BL1860B」は本家と同じく、4段階のバッテリー残量メモリが搭載されています。デザインもそっくり。実勢価格は4,344円です。

マキタ互換バッテリーの充電器も安い

充電器も同じVANKOから販売されており、実勢価格は2,150円。マキタのバッテリー充電器よりも5,000円以上安いのです。バッテリー本体の価格差も1万円以上あります。

AliExpressでは、マキタ互換の電動ドリルも販売中。これに互換バッテリーを入れても動作することを確認しました。こちらはDrillproの商品になります。

さらに、最近はネット通販で「変換アダプタ」なる非正規品のアイテムが出回っていて、それをかませばマキタ互換バッテリーが別のメーカーでも使い回せるようになるのです。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事