ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パラボラが取り付けられる東芝のラジカセとは?

昭和に発売された星の数ほどあるラジカセの中でも、一二を争うユニークなデザインが東芝の「RT-2800」です。それはラジカセの上部に、付属のパラボラを取り付けられる構造だから。パラボラというとアンテナと思いがちですが、RT-2800に装着されるパラボラは集音用です。その性能を詳しく見ていきましょう。


パラボラが取り付けられる東芝のラジカセとは?

東芝ラジカセはワイヤレスマイク装備

1976年発売の東芝のラジカセ「RT-2800」は、パラボラの中心部に本体右側に装備された6ウェイの多機能ワイヤレスマイクを挿し込んで、録音したい音源に向けて集音する仕組みです。

そして、ワイヤレスマイクから発射されたFM波をラジカセ本体で受信して生録するという、少年たちの憬れの1台でした。

ラジカセ本体もパラボラ以上にインパクトのあるデザインが特徴で、特にラジオのスケール周辺の造形は派手のひと言に尽きます。

東芝のラジカセを野球マンガで宣伝

性能面も充実しており、短波も受信可能で、屋外から室内まで使う場所を選ばないオールマイティなモノラルラジカセです。

発売時は、野球マンガ『野球狂の詩』とのコラボレーションが行われ、登場人物が作品の中で、RT-2800を持って宣伝したことも画期的な出来事でした。この野球マンガがきっかけで、ラジカセや生録に興味を持った少年も多かったようです。

RT-2800の受信周波数はAMラジオ放送(525~1605kHz)、FMラジオ放送(76.0~108.0MHz)、短波放送(3.8~12MHz)。出力はモノラル/最大3Wで、電源は単1形乾電池×6本、AC100Vです。サイズ/重さは415W×251H×112D㎜/5.1kg。当時の価格は43,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事