ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

周波数の直読を実現した東芝「ナナハン」とは?

BCLラジオの多くは、シリーズごとに少年たちの心をつかむような愛称が付けられていました。ブーム初期のものとしては、ソニーの「スカイセンサー」、松下電器産業の「クーガ」が特に有名ですが、東京芝浦電気(東芝)は「サウンドナナハン(SOUND750)」というネーミングでした。東芝のサウンドナナハンGSを見ていきましょう。


周波数の直読を実現した東芝「ナナハン」とは?

東芝のサウンドナナハンGSのダイヤル

1974年に登場したサウンドナナハンGSこと「RP-775F」は、短波帯の3.9~12.0MHzを5分割(SW1~SW5)でカバーしていたBCLラジオです。

内蔵されているマーカー発振器(LC発振方式)をオンにして、フロントパネル右側のメインダイヤルを動かし、聞きたいバンドでゼロビートを取ってから、左側のサブダイヤルでチューニング。一連の操作で細かい周波数合わせや、意中の局の待ち受け受信ができるという画期的なものでした。

この「メインダイヤル・マーカー・サブダイヤルを組み合わせて、短波帯の受信周波数を直読に近い状態まで追い込む」という手法は、ソニーの「ICF-5900」や松下電器産業の「RF-2200」にも用いられました。

東芝のサウンドナナハンGSで初採用

しかし、BCLラジオとしては東芝のサウンドナナハンGSが最も早く採用したもので、その後も同社の「トライエックス」シリーズの上位機種に受け継がれていきます。

ちなみにRP-775Fには、全く同じ外観の兄弟機種「RP-770F」(1973年発売)が存在します。愛称は「サウンドナナハンGTV」。その名の通り、アナログテレビ音声の1~12chが受信できるというものです。

RP-775Fでは短波帯用のサブダイヤルと周波数スプレッド表示になっている部分が、テレビのチャンネル表示とチューニングダイヤルに変更されています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事