ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PC受信ソフトの定番「SDR#」のインストール法

受信用のUSBチューナーをPCにつなげば、PCが受信機に早変わりします。これが「PC受信」です。受信した電波を検波・同調するのがUSBチューナーで、ここでデジタル処理された受信信号を、PCにインストールされた受信ソフトが変調。PCのスピーカーから受信音声を出す仕組みです。受信ソフト「SDR#」のインストール方法を見ていきます。


PC受信ソフトの定番「SDR#」のインストール法

PC受信のSDRのソフトが重要になる

PC受信は、SDR(SoftwareDefined Radio)と呼ばれるシステムで成り立っています。従来の受信機は、受信信号の処理をCPUやICなどの電子部品によって行ってきました。

対するSDRは、ソフトウエアによって各種の処理をします。最新の受信機もSDR化しているので、ファームアップによるソフトウエアの更新で、新たな機能が追加されたり不具合を解消できるようになりました。

このため、PC受信ではSDRのソフトウエアが重要になります。スタンダードになっているのは、フランスのAirspyが無料で提供する「SDR#」です。

最新バージョンの「1.0.0.1811」をダウロードし、PCにインストール&セットアップしていきましょう。以前のバージョンは、USBチューナーのドライバをインストールするのに、他のWebサイトから入手する必要があり手間でした。

最新版ではこの点が改善され、「SDR#」内で完結しており、よりスムーズにセッティングできるようになっています。

「SDR#」をインストールする方法

「SDR#」をインストールする方法は、まず公式Webサイトから「SDR#」のダウンロードから。メニューバーにある「Download」をクリックします。ここで「Software Defined RadioPackage」をダウンロード。ダウンロードしたら、圧縮ファイル「sdrsharp-x86」を展開します。

ファイルの中からWindowsバッチファイルの「install-rtlsdr」をクリック。「install-rtlsdr」が開くので、そのまま「展開」をクリックします。

ここでPCにUSBチューナー「RTL-SDR.COM V3」を挿すと、ファイル一覧の下方に「zadig」が出現するので起動。「Options」を選択して「List All Devices」をクリックするとドライバ一覧が出るので、「RTL2838UHIDIR」を指定します。

続いて「Reinstall Driver」をクリックしてドライバをインストール。完了したら「Close」をクリックしてインストール完了画面を閉じます。あとは「SDRSharp」をクリックすると「SDR#」が起動するのです。

最後はUSBチューナーが認識されているかを確認します。サイドバーのチューナー選択で、挿している「RTL-SDR USB」を選択。メニューバーの歯車マークをクリックすると「RTL-SDR Controller」が開いて、1番上の「Device」 に挿しているUSBチューナーに搭載のIC名が表示されます。

これで「SDR#」がUSBチューナーを認識していることの確認は完了。「RF Gain」(利得調整)は30~40で設定します。これでセットアップは終了です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。