ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは

中華ハンディ機「UV-5R」はテンキー装備の2バンド無線機。独自に日本仕様化してアマチュア無線機として使用する人が増えています。このUV-5Rをアマチュア無線機としてではなく、広帯域受信機として改造することが可能です。すると、なんと4,000円で広帯域受信機が手に入るのです。



スポンサーリンク
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは

広帯域受信機として中華ハンディ

アマチュア無線の免許がない人はUV-5Rの送信スイッチを撤廃して、リーズナブルな広帯域受信機として中華ハンディ機を楽しんでみませんか。その改造方法を紹介します。

まずはUV-5Rを分解していきます。分解自体は簡単ですが、フレームの固定にはトルクスネジが使われています。

アンテナと音量ダイヤルを止めている丸型ナットはスナップリングプライヤーで回しました。国内メーカーのようなネジロック剤はありません。

広帯域受信機に改造したUV-5R

スピーカー&マイク端子のゴムカバーを外し、フレームを持ち上げながら底面方向に引き抜きます。スピーカーコードを引っ張って断線させないように注意しましょう。

改造ポイントは、PTTボタンとアラーム送信機能があるCALLボタンのスイッチ。ここを破壊して、送信不能にすします。CALLボタンを押して動作する、FMラジオ放送は聞けなくなります。

広帯域受信機に改造したUV-5Rのディスプレイをよく見れば100~999MHz。UV-5Rにはいろいろな可能性がありそうです。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。

■「受信機」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
受信機の「スキャン」と「サーチ」の違いとは?
DJ-X81は盗聴発見機能も付いている防災受信機

■「BAOFENG」おすすめ記事
BAOFENGのUV-5R合法機化に用意するものとは?
BAOFENGのUV-5Rをワンクリックで合法機化する
BAOFENGのUV-5Rシリーズの操作をマスターする

 

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。