ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち

アイコムのテンキーレス受信機「IC-R6」はユーザー評価の高いハンディ受信機として知られています。ユーザーが受信機に求める基本性能は、受信感度、電池の持続性、スキャンやサーチの速さです。この3点を、すべて高いレベルでクリアするのがIC-R6。その使用リポートを紹介します。



スポンサーリンク
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち

IC-R6の受信感度は全般にフラット

IC-R6の受信感度は全般にフラットで、高い感度を有しています。特に問題となるような周波数帯は存在していません。

地下鉄が運用する誘導無線の周波数帯は、受信可能な範囲のエッジ近くのため感度が悪くなるのが普通。しかしIC-R6はバンドエッジでの感度低下が少ないのも評価すべきポイントです。

一方でIC-R6に外部アンテナを接続した場合は、ちょっと状況が変わります。外部アンテナに接続すると混変調やイメージ受信と思われる、いわゆる不正な受信が発生しやすくなります。もっとも、この現象はUHF帯エアーバンドをサーチしないと気が付かないレベルではありますが…。

IC-R6のユーザー評価が高い理由

電池の持続性が犠牲になっていない点もIC-R6のユーザー評価が高い理由となっています。高速のスキャン&サーチを実行しつつも、消費電流を抑えるということは、電子回路的には矛盾する部分です。

特にテンキーレスモデルの場合、コストダウンの命題も大きくのしかかります。演算速度が速く、かつ消費電流の少ないCPUを搭載することは、コスト的に厳しいはずです。

しかし、IC-R6はその難問も見事にクリアして、高速スキャンを実現させつつも低燃費を確保したのです。先代モデルであるIC-R5の弱点とされた燃費の悪さを、新モデルで見事に克服したアイコムはさすがです。

基本性能という意味では、内部発振が少ない点も好感が持てます。特殊な機能を求めずに機能は必要なものだけで充分。受信機本来の基本性能の高さを重視する使い方をするのであれば、IC-R6は“買い”です。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「アイコムIC-R6」おすすめ記事
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン
IC-R6は総合性能が高くて航空祭に向いている

■「受信機」おすすめ記事
受信機の「スキャン」と「サーチ」の違いとは?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事