ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防無線の秘話通信を解読できるハンディ受信機

消防無線の署活系が全国配備になり、一部の消防本部では音声反転式のアナログ秘話装置を導入しています。秘話システムは単純で、簡単に音声通話に戻せるのですが、解読機が市場に無いのです。ハンディ受信機「AR-DV10」は音声反転式秘話の解読機能を搭載。アナログの秘話にも対応しています。


スポンサーリンク
消防無線の秘話通信を解読できるハンディ受信機

AR-DV10に音声反転式秘話の解読機能

デジタルハンディ受信機の真打ちとして登場した、エーオーアールの「AR-DV10」です。デジタル簡易無線が受信できるだけでなく、秘話コードの解析機能を搭載しているので、秘話通信であっても復調可能。それに加えて、AR-DV10は音声反転式秘話の解読機能を搭載しています。

音声反転式秘話は、手軽に使える特定小電力トランシーバも採用。消防・自衛隊といった“官”からレジャー施設の“民”まで、あらゆる場面で音声反転式秘話は使われているのです。

ただし、2000年代に入るとあれだけ人気のあった音声反転式秘話の外付け解読機や内蔵用の解読基板は店頭から姿を消します。解読機能を搭載した現行モデルは、アルインコ製だけになっていました。

AR-DV10の音声反転式秘話の解読方法

そして今回、音声反転式秘話の解読機能の搭載モデルにAR-DV10が加わったというわけ。しかし、アナログ波の秘話解読は副次的な扱いなのか、MENUモードの奥底にあります。操作手順を覚えておかないと、早急な対応は難しいでしょう。

「モガモガ」という音声反転式秘話をかけている交信をキャッチしたら、MENUボタンからタイル式メニューの「VFO」→「VFO EDIT」を選びます。リスト式メニューを、左右ボタンで下って行き「V.SCR」を選択してENTボタンか、7ボタンの押下で決定するのです。

下側のダイヤルをワンクリックしてOFFからONに。ENTボタンで決定するとカーソルが「V.SCR F.」に下がります。ENTボタンの再押下後に、下側のダイヤルを回して2000~7000Hzの帯域で秘話音声を解読。一連の作業を通話中に行います。

■「AR-DV10」おすすめ記事
デジタル受信機「AR-DV10」操作には慣れが必要
AR-DV10のデジタル無線受信の可能性をチェック
デジタル簡易無線の秘話コード解析の裏コマンド

■「受信機」おすすめ記事
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
パトカーや白バイの追尾を知らせるお手軽受信機
デジタル簡易無線は端末そのものを受信機にする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事