ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル受信機「AR-DV10」操作には慣れが必要

デジタルハンディ受信機の真打ちとして登場したエーオーアールの「AR-DV10」。固定型のデジタル受信機「AR-DV1」の機能を、惜しみなくハンディ機に搭載してきたのがAR-DV10です。エーオーアールのハンディ機らしく、欧米サイズともいえる大型ボディに、各種操作部や端子がバランスよく収まっています。


スポンサーリンク
デジタル受信機「AR-DV10」操作には慣れが必要

AR-DV10のディスプレイのサイズ

まずはAR-DV10の特長的な部分をピックアップしましょう。アンテナ接栓は、エーオーアールの伝統を受け継いだBNC型を採用しています。付属アンテナはヘリカルホイップ式で全長200㎜。AMラジオ放送用の内蔵バーアンテナは非装備です。

本体上部にあるメインダイヤルは上が音量調節ダイヤル(15段階)で、下が周波数変更とスケルチ設定のダイヤル(無段階)。ディスプレイのサイズは43W×43H㎜。2VFO表示となっています。

本体左側面にあるスケルチボタンは短押しでスケルチ変更、押し続けている間はスケルチ開放です。microSDカードスロットは録音データや設定データの保存、ファームアップを行います。最大32GBまで使用可能です。

本体右側面にあるイヤホン端子は3.5㎜。64~108MHzでイヤホンアンテナが機能します。データ端子はmicroUSB端子で、PCと接続してコマンドを制御。このほか、専用のリチウムイオンバッテリーと単3乾電池×6本のケース「BT-10」が付属します。

AR-DV10の特長がタイル式メニュー

AR-DV10のサイズ/重さは60W×137H×41D㎜/420g。受信周波数は0.1~1300MHzです。標準価格が138,240円、実勢価格は124,300円となっています。

AR-DV10の堅牢なボディは、八重洲無線のエアーバンド無線機「FTAシリーズ」のボディを流用しています。そのためか、ファンクションボタンが無く、テンキーに固有の操作コマンドもありません。残りのボタンを駆使して多くの機能を操作。独自性の強い操作系になっていて、操作には慣れが必要でしょう。

AR-DV10の特長がタイル式メニュー。項目の左上に表示された番号に該当するテンキーを押すと、即座に決定となり画面が移行します。また、左右ボタンでカーソルを移動(番号順に動く)して選択。ENTボタンの押下で決定すると画面表示が切り替わる仕組みです。

デジタル&アナログの受信モードの設定画面も、タイル式メニューから当該番号のテンキーを押下するか、左右ボタンでカーソルを移動してENTボタンで受信モードを決定します。「P」でデジタルモードのページと、アナログモードのページが切り替わる仕様です。

■「AR-DV10」おすすめ記事
AR-DV10のデジタル無線受信の可能性をチェック
デジタル簡易無線の秘話コード解析の裏コマンド
消防無線の秘話通信を解読できるハンディ受信機

■「受信機」おすすめ記事
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
パトカーや白バイの追尾を知らせるお手軽受信機
デジタル簡易無線は端末そのものを受信機にする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事