ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた

盗聴器発見はハンディ受信機を使うのが基本。なかでも「DJ-X81」は「盗聴器発見機能」を搭載したハンディ機です。どのように盗聴器を発見していくのか、室内に仕掛けられた盗聴器を実際に探索してみました。「盗聴器発見機能」とは、いったいどんな動作をするのでしょう?



スポンサーリンク
DJ-X81の盗聴器発見機能を使ってみた

盗聴器発見機能の探索方法は2種類

DJ-X81はアルインコから発売されている広帯域受信機。地デジのテレビ音声や緊急地震速報も受信できる、人気のハンディ機です。定価は36,800円になります。

DJ-X81の盗聴器発見機能を使った探索方法は2種類。ハウリングを利用して探す「SILENT」モードと、DJ-X81が発したピー音を盗聴器に拾わせて、距離を詰めていく「SOUND」モードです。どちらかを事前にセットモードで選択しておきます。

盗聴器発見機能の動作はMONIボタンを押しながら、メインダイヤルの長押しでオン。すぐに盗聴波の周波数をスキャンして、部屋に盗聴波がないかチェックしてくれます。

ディスプレイで盗聴器への接近を表示

さっそく、盗聴器発見機能のスキャンによって、399.455MHzの盗聴波がヒットしました。部屋のどこかに盗聴器が仕掛けられていることが判明。次のステップで盗聴器の設置場所を絞り込んでいくというわけです。

部屋の中を移動していると、断続的だったピー音がピィ、ピィ、ピィと間隔が狭まり、盗聴器に近づいていることを教えてくれます。同時にディスプレイでは右から左に向かう「←」が長くなり盗聴器への接近を表示するのです。

こうして、部屋の角にあるコンセントにささった三叉コンセント型の擬装盗聴器を発見。盗聴器発見機能の解除は、動作時と同じMONIボタンを押しながらメインダイヤルを長押しします。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

■「受信機」おすすめ記事
受信機の「スキャン」と「サーチ」の違いとは?
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事